1. まとめトップ

昔や今のスズキ自動車の架け橋となった軽自動車・セルボは色んな進化を遂げていた

スズキがかつて製造していたセルボはイタリア語で鹿を表す単語から名前が付けられ、フロンテクーペが祖先に当たる軽自動車だ。

更新日: 2019年03月18日

2 お気に入り 1614 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

左右のドアは2つしかないのに荷物を置ける後席もあるのでデートに打ってつけのスペシャルティカーと呼ばれ、その上運転しやすさにもこだわったので多くの若者から人気を集めた。

cobbyjpさん

軽自動車・フロンテクーペの後継となるセルボは、スペシャルティカーも兼ねている

(どうせ売れないだろうけど)フロンテクーペや初代セルボ、水中メガネZ、ミニカスキッパー、フェローMAXハードトップ的なスタイリッシュな軽四出してほしさ。 pic.twitter.com/WxNk1p7yUV

スズキのセルボの名称はイタリア語で牡鹿を指す「Cervo」に由来しています。自動車の系列上は名車だった「フロンティアクーペ」の流れを受け継いでいて、販売は1977年からでした。一度はその名も消えてしまいますが、2006年に復活、2009年まで生産され、既存の2代目MRワゴンに統合される形で販売が終了します。

初代・SS20型は光沢がある立派な2ドアクーペ車だった

1977年に登場した初代セルボは、他では見られない特徴がある2ドアクーペだがスポーツカーの役割を果たしていた。駆動方式は国産最後の後輪駆動・RRでエンジンは水冷2ストローク直列3気筒539 ccを搭載し、大きさは先代のフロンテ・クーペより一回り大きい。ボディカラーには高級感がある光沢が使われて、4速マニュアルだけのトランスミッションや4輪独立懸架サスペンションが用いられた。しかし同じ頃発売されたアルトに人気が集まって、販売台数はあまりよくなかった。

僕「プラグってありますか?」 店員「ここですね〜」 僕「初代セルボなんですけど…」   店員「となるとHG…」    僕「2ストの…」      店員「…」     終          制作・著作          ━━━━━           ⓃⒽⓀ pic.twitter.com/z2f09Srvpt

女性にも運転しやすいように配慮した設計を持つ2代目・SS40型

フルモデルチェンジが行われて1982年に2代目となった時は、女性をターゲットにしてオートマチック車も追加した。もちろんこちらもクーペだがデザイン及びライト、バンパーの構造を1から変えてサスペンションは前後で異なるものにして、4ストロークエンジンF5Aを搭載して駆動方式は前輪駆動・FFに変更した。そのおかげで女性から大好評を得ることができ、スズキ軽自動車で初めてとなるターボエンジンや12インチディスクブレーキを使ったものも登場した。

昔の軽自動車とか可愛くて良いな〜 2代目?セルボとかデザインが好きです 3枚ドア仕様の軽自動車、すっかり無くなっちゃいましたねぇ…(´・ω::. pic.twitter.com/R3lBO26RCD

コーナンの駐車場にメッチャ懐かしいセルボが止まってました。丸目の次の二代目セルボだねぇ。30年以上前の車ですが、綺麗に乗られてるし、デザイン的にも今でもぜんぜんオッケーだわ。 pic.twitter.com/3VC6VWCBic

3代目・CG72V/CH72V型からボディデザインがハッチバックへと変わった

ついに3代目に突入した時は、今までのようなクーペではなくハッチバック型に刷新し、形状はあたかもスポーツ性のあるワゴンを意識している。駆動方式は新たに4WDも加わり、後ろのサスペンションをアイソレーテッドトレーリングリンクコイルに変え、一部の構造はアルトから流用してたくさんの収納スペースを確保していて、40馬力を出せる新開発の3気筒SOHC12バルブエンジンを搭載した。この頃は世界初の電動式パワーステアリングや三菱電機のオーディオ・ダイヤトーンが使われた特別仕様車・ごきげんパックも登場し、その車でサファリラリーに出場したこともあった。

大西結花さんのCMが印象的だった 3代目・スズキセルボ。 スペシャリティ軽の先駆けであるセルボですが 先代までの、どちらかというと「男っぽい、硬派なイメージ」のに対し かわいらしさ溢れるデザインで登場したのは意外でした。 ところで、「世界初の電動パワステ搭載車」だとは驚きです。 pic.twitter.com/5AWN9Vjox6

これは3代目だったかな。横町小町セルボのファラオラリー仕様。2代目と3代目は4ナンバーだったんですけど、2代目はマー坊(マイティボーイ)のイメージが強烈で影が薄かったんです。 pic.twitter.com/CtoU4f9aiw

『横丁小町セルボ』として宣伝されたものの販売は振るわず660ccにも移行せずに廃止されました3代目スズキ・セルボ クーペルックで独創的なボディデザインは一度見たら忘れなさそうなハズなのに…あなたは覚えてます? motorz.jp/feature/69683/ #スズキ #セルボ #軽自動車 pic.twitter.com/00ZJcoXIon

今までの特徴を脱ぎ捨てて誕生した4代目・CN/CP21S/22S/31S/32S型

たった2年間で3代目が終わって、1990年に4代目へとフルモデルチェンジした。今度は今までのようなスペシャリティーカーから脱却し、ごく普通のオーソドックスなハッチバック軽自動車に仕上げた。エンジンは660ccに拡大した直列3気筒SOHC12Vインタークーラーターボ、直列4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボ&ピレリP700を搭載して、アルトを上回る豪華仕様を目指した。マイナーチェンジで後期型となってデザインを大幅に変更した後は、レトロな雰囲気があるクラシック風のセルボCを生産して、1998年に終了した。

8年の時を経て、ようやく最後のモデルとなる5代目・HG21S型が登場した

もうセルボが市場に出回ることはないと誰もが思っていた2006年に、再びセルボが登場することになった。8年ぶりに復活となるのでボディデザインはなだらかな円弧で整え今までにはない斬新さを出す、インタークーラーターボまたは直接噴射式ターボのDOHC VVTエンジンを搭載する、燃費性能の向上や特別仕様車・GリミテッドII、スポーティーグレードの開発にも力を入れるなどこれまでにはない計画が立てられ、燃費基準や環境対応車普及促進税制を達成し2009年まで発売を継続できた。

@life_kenken @ASURAN_S 私も同感です今年の初めに中古の5代目セルボにしましたその前新車のくせに三回壊れたくそボロ初代トヨタパッソでこれがまともに走らない酷すぎる車でした今のは中古でもなかなか良く頑張って走ってくれますよ❗最高⤴⤴にいい車です pic.twitter.com/8MXQ7olPDG

スズキ セルボ(5代目 HG21S型) #Keicar 初代MRワゴンのようなワンモーションスタイルが特徴で、他の軽自動車にはない独特の・・・ 続きはsakurabunama.blog87.fc2.com/blog-entry-235… pic.twitter.com/Ad6z0203ym

2007年にセルボ・Gリミテッドは、栄光のグッドデザイン賞に輝いた

セルボの特別仕様車の一つ・Gリミテッドは空気の揚力を減らすスポイラーや14インチアルミホイールを加え、デザインも独自のものになるよう設計したことで有名だ。そのおかげで2007年度のグッドデザイン賞を受賞することができた。

《新規入庫》 セルボ Gリミテッド 実走行11万km 車検30/11まで 純正エアロ スマートキー ETC 車検たっぷり、かわいいピンクのセルボです! #セルボ #ピンク pic.twitter.com/B3LLT3vQTm

1 2