1. まとめトップ
  2. 雑学

メガネレンズの種類は|眼鏡を作る前に知っておきたい

メガネのレンズについて知識がなく、作ったあと「失敗した」と思うことがあります。そんな失敗を防ぐためにも、メガネのレンズについての知識を仕入れておきましょう。専門家の話をまとめます。

更新日: 2019年03月19日

5 お気に入り 5099 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

専門家の話をまとめます。

fwriterさん

▼ 素材の違い ▼

▼ プラとガラス

ガラスレンズの方がプラスチックレンズより薄くできますが、重量が重くなり、最近では購入されるレンズの9割以上がプラスチック…

・ガラスレンズのメリット

プラスチックより屈折率が高いレンズを作れることで、強度の方にも薄いレンズを作れるメリットがあり強度近視の方に特にお勧めです

▼ 焦点の違い ▼

▼ 単焦点レンズ

1枚のレンズに1つの補正機能を持つレンズです

近視、遠視、乱視に用いる一般的なメガネレンズです

遠く専用、近く専用の眼鏡を作る際に使われます。40代くらいまでの年齢の方の場合、単焦点レンズで、遠くも近くもカバーできます

▼ 多焦点レンズ

多焦点レンズには遠くと手元を見る部分に境目のある二重焦点(または三重焦点)レンズと、境目のない累進屈折力レンズ※があります

境目のあり・なしで種類が分かれます。

・遠近両用レンズ

遠くも近くも、ハッキリとラクに見える外出用レンズです

レンズの上から下の部分に向かって徐々に度数が変化し、視線を上げたり下げたりすることで遠くから近くまで見やすくする機能を備え

1枚のレンズにたくさんの度数が入る設計により、周辺にゆがんで見づらい部分ができてしまい、慣れるまで違和感を感じる方もいます

・中近両用レンズ

運転などで遠くを見ることが多い場合には使うことができません

近距離の見え方:手元は近々レンズよりは劣りますが、遠近(スタンダード)レンズよりはずっとはっきり見ることが可能です

1 2