1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●破産者の住所や氏名を表示する「破産者マップ」が物議に

【話題】破産者の住所や氏名を表示する「破産者マップ」が物議 news.livedoor.com/article/detail… 官報で公示された破産者の情報をもとにしているというが、知られたくない情報が可視化されていることに批判の声も上がっている。 pic.twitter.com/JFgwm014pU

破産者の住所・氏名を公開したサイト「破産者マップ」が公開され、物議をかもしています。

・マップの情報は、官報の紙版から得ているという

「破産者マップ」が物議 官報もとに破産者を地図上に表示、集団訴訟の動きも|BIGLOBEニュース news.biglobe.ne.jp/trend/0318/bln… pic.twitter.com/aS1MajOsFt

同サイトの運営者を名乗るツイッターアカウントによれば、マップの情報は紙版から得ている。

・現在、見られない状態になっている模様

見られない状態となっています 物議を醸した「破産者マップ」が閉鎖 - ねとらぼ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/19… @itm_nlabから pic.twitter.com/gFSnjEfpQw

19日現在は「このサイトにアクセスできません」「サーバーの IP アドレスが見つかりませんでした」と表示されるようになっている。

●サービスをめぐっては、被害対策弁護団やクラウドファンディングのページも立ち上がった

サービスをめぐっては、「破産者のプライバシーや名誉を傷つける」などと批判を浴びていたほか、

「破産を隠していたのに、ネットで公開されてつらい」といった声が当事者から上がっており、被害対策弁護団も結成されていた。

「破産者マップをなくしましょう」と呼びかけるクラウドファンディングのページを立ち上げた。

弁護団は、破産者マップの閉鎖へ向けて発信者情報の開示や差し止め、損害賠償請求などの手続きをとるため、500万円を目標に活動資金を募っている。

●運営者は、閉鎖に当たりTwitterで謝罪のツイートを投稿

(破産者マップからの重要なお知らせ) この度は、多くの方にご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。 下記の実施、または実施することをお知らせいたします。 1.サイトを閉鎖します。

運営者は閉鎖に当たってTwitterで、「関係者につらい思いさせた」と謝罪。

「公開されている破産者の情報の表現方法を変えるだけで、これほど多くの反応があるとは思わなかった」「もしあなたの隣人が困っていたら、ぜひ助けてあげて欲しい」などと述べている。

運営者は、官報から取得した破産者の情報を削除すること、削除申請フォームのデータを削除すること、

削除申請の際の本人確認書類を削除すること、ドメインについては、今後、類似サイトが出る恐れがあるため、一定期間保持することを表明している。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

破産者マップとかいうのいつの間にか始まって知らん間に終わってた

破産者マップ1週間も経たないうちに閉鎖か〜。すごいな

こんなアプローチもあるんだなと思いましたが、そっ閉じ・・・。基本的な「人が嫌がることはしない」という考え方で、自分がされたらどう思うかで「行くか、やめるか」を決められれば。 ■破産者マップ閉鎖、運営者謝罪「申し訳ございませんでした」 - 弁護士ドットコム bengo4.com/c_23/n_9385/

1 2 3