1. まとめトップ

口は災いの元…最近SNSの不適切投稿で炎上・謝罪した人たち

湯布院の宿泊施設や日本年金機構、猟友会所属議員がSNSので炎上・謝罪した事案をまとめました。

更新日: 2019年03月18日

4 お気に入り 15285 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

投稿する前にグッとこらえて考えてみて欲しい。

nyokikeさん

▼湯布院にある宿泊施設の不適切ツイートが炎上した

湯布院にある宿泊施設「湯布院カントリーロードユースホステル」支配人のあるツイートが物議を醸している。

そこには、「昨日宿泊の男子学生4人組に由布院の良かった所を聞くと『下の湯です!』と即答。そこは町で唯一の公衆混浴温泉。彼らが入浴中に若い女性が入ってきたそうです。一生の想い出になったとか。世界の女性陣には知って欲しい。皆さんには特大の魅力が備わっているという事を!」とつづっていた。

日本ユースホステル協会は「青少年の健全育成を目的とする施設としてあるまじき事であり、この事態を厳粛に受け止め再発防止を徹底してまいります」とコメント。投稿に至る経緯と事実関係を調査中であり、今後は調査結果に基づき厳正に対処するとしています。

すみません。どう書けばいいか分からないのですが女性軽視や性的な思いで書き込んだつもりは決してありません。ただ軽率にも書いたことは二度と消せないので今後は自分の言動に慎重になり行動していきたいです。この言葉しか言えないのですが不快な思いをさせてしまい本当に申し訳ありませんでした。

湯布院カントリーロードユースホステルは当該の投稿を削除し、Twitterで「字数制限がある中軽い気持ちで書き込んでしまったのですが公の温泉宿の経営者としてあるまじき表現だったと思います」と謝罪しています。

湯布院カントリーロードユースホステルの件で日本ユースホステル協会が声明を出したんだね。 ユースホステルって設立の意図がしっかりしていて、普通の宿泊所とは違う。文化の共有とか知見を広げることが重要とされてるから、今回の発言は尚のこと問題だよね…。 pic.twitter.com/TnxTJ8upfV

湯布院のユースホステルの炎上、そもそも大分県由布市の公式でさえ「下の湯」について「混浴のため、女性は入るのに勇気が必要です。」とある…。ご注意ください、ご承知おきください、混浴ですが他のお客様の迷惑になる行為はお控えください等と書くべきではここは…。 city.yufu.oita.jp/kankou/onsen/s… pic.twitter.com/DY0ngYB0t2

湯布院のユースホステルの混浴のやつ見てたら、前に「開店すぐの居酒屋に入ったら窓際に座らされて店員に『若い女性客がいるって分かったら客が寄ってくるから助かる』って言われた」って呟いたやつ思い出した。女性客、他の客を呼び込む宣伝にされすぎだよな。

ユースホステルのアホは嫌いでも、湯布院のことは嫌いにならないでください。素晴らしい観光地です。 指原莉乃と深津絵里と竹内力とglobeのKEIKOと南こうせつと福澤諭吉と双葉山と稲尾和久を生んだわが故郷を宜しくお願いします。好きです大分県。

▼日本年金機構の軽率な投稿に批判の声が続々とあがっていました

【投稿は削除】日本年金機構「年金少なくなってない!?」ツイートに批判殺到 news.livedoor.com/article/detail… これに対し「減るのは貴方達のせい」「広報の軽薄さはリアルガチでやばい」と批判が殺到し炎上状態となっている。 pic.twitter.com/EBdpvT3Kqr

とツイートし「ねんきんネット」のPRツイートを行ったことに対して批判が殺到し炎上。ネットニュース等で大々的に取り上げられる事態となっていた。

ほどなくしてツイートは削除されたものの批判はおさまらず、ひとつ前のツイートに厳しい意見が数多く寄せられる事態となっている。

既にツイ消ししてるけど、何の疑問も抱かすこんなツイート出来る日本年金機構は確かにガチヤバイな。 pic.twitter.com/01ygwWeQEh

日本年金機構の例の呟き削除したな… ガチヤバイのだったら、納めた額分以上になるように機構が努力しろや pic.twitter.com/cZjAkQgFgv

私の親なんて、年金をもらい始めていたときは1つき65000円位貰ってたのに今じゃ半分よ・・ 勝手に自分たちが使ったくせに国民のせいにするんじゃない❣ #日本年金機構 pic.twitter.com/GRw5OOd7Dd

日本年金機構の不祥事でも分かるように、公務員体質が残ってる組織は浮世離れし過ぎていて存在しているだけで社会の害になる。解体したり名前を変えるだけでは無意味。税金で運営するのを辞めなければ何をやっても変わらない。

問題となったコピーは、コンペで委託を決めた業者が提案し、機構が採用したという。委託費は、事前の調査・分析などを含め全体で3000万円だった。

▼猟友会所属の議員が白目で投稿した画像が不適切だと苦情が殺到した

福井県高浜町議会の児玉千明議員(30)がSNS(会員制交流サイト)フェイスブックなどに掲載していた、獣肉や自身を写した写真や文章が「命を軽視するような行為」で不適切だとして、東京の動物愛護団体が3月13日までに、児玉議員の辞職を求める要望書を同町議会事務局に送付したことが団体への取材で分かった。

問題視しているのは、児玉議員が昨秋までにフェイスブック(FB)に投稿した自身の写真や文章。獣の肉塊がぶら下がった前で包丁を持ったり、鹿の革製のちょうネクタイを身につけたりして、ともに白目をむいて写ったものなどがある。

要望書では「議員の立場にありながら、SNSで命を軽視するような行為を是認することは、大人だけでなく子どもの倫理観の欠如を助長させることにつながる」などとし、議会に対し児玉議員を辞職させるよう求めている。

要望書を送付したのは公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」

児玉議員は取材に対し、投稿は「残酷、きたないなどの鳥獣処理の悪いイメージを払拭するのが目的だった」とし「不快にさせ、さらに町などに迷惑をかけてしまったのは申し訳なく反省している」としている。一方で写真の流用や脅迫するメールがあったことから「法的手段を検討したい」としている。

この議員さんは「狩猟に対する暗澹たるイメージ改善」という狙いがあったそうだけれども、少し配慮というかステップを飛ばしすぎた感がある。 害獣の狩猟は魚釣りとそう中身は変わるもんでもないが、哺乳類に関してはかなりセンシティブになる人々も一定数いるので、続く headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-…

道徳の欠如の社会的常態化は、人々の範となるべき政治の世界にも、命の尊さへの敬意の欠片もないこうした茶髪カラコン、殺した動物の隣で悪ふざけて白目剥き笑顔で撮影の不良議員を生みます。 猟友会所属の女性議員のSNS投稿写真が炎上「命を軽視」(福井新聞)2019年3月14日 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-…

1 2