1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

私と社会のためにまとめさせてください

fu_fu2527さん

【拡散希望】仏国のアーティストMaerilさんによる「嫌イスラムの人からの嫌がらせを受けている人を目撃したらどうしたらいい?」たまたま居合わせた方の為の被害者救出ガイドが素晴らしかったので日本語訳しました。痴漢などにも使えそうです。 pic.twitter.com/QqTgkoFfyZ

具体的な第三者介入の方法 ・DIRECT ・DELEGATE 委譲する=別の人に助けてもらうようお願いする ・DISTRACT 気を紛らわす=注意をひくような“邪魔”を意図的に作り出し、問題となりうる状況を和らげる wezz-y.com/archives/50231

コレ!いい! そうなんだよ! 妊婦さんや身体がキツイ方が低姿勢になる必要ないんだから。 実際には自分から「譲って下さい」とは言えなくても、きっとコレ付けている方見ただけでも、味方がいるって心強くなれるんじゃないのかなって思う。 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

センター試験の日痴漢対策の#withyellow

今から宣言しとく。 私はこういう奴等に対抗すべくセンター試験の日に有給を取って電車に乗る。試験に向かう学生さんの壁になるし、うるさそうな女オーラ出すし、痴漢を目撃したら当然助ける、写真も撮る、通報もする。絶対やる。 流石に有給は取れない人も、こういう輩がいること心に留めておいて twitter.com/xXm1213yXx/sta…

つーか土日だから休みの人も多いよね。この日はみんな出掛けよう。受験生が動く時間もルートもある程度は限定されるし、遊びに行くついでで大丈夫!!大捕物なんかしなくていい、阻止するだけでいい。むしろ学生さんが心置きなく試験に挑むには阻止がいい。

明日のセンター試験、私も電車に乗ります。黄色いものを携えて。 大切なのは、犯人を捕まえるのではなく、学生さんが被害に遭わないということ。 「近いですよ、痴漢に間違われますよ」等の声かけで未然に防止していきたい。 もちろん、痴漢が出てしまった場合には犯人を捕まえる。 #withyellow

#withyellow 賛同者のみなさま ”こんなに見てる人がいるなら絶対にやれない” という空気を作るために、広く運動を知っていただきたいと思っています。 Twitterのトレンド入りを皆さまと一緒にチャレンジしてみたいと思っております。 賛同いただけないでしょうか?

今日の #withyellow の渋谷でのイベントがYahooトップにも載っていました。 多くの人に実態が伝わって、皆が無関心をやめて、センター試験ではない日でもいつでも「みんなが見ている」「痴漢を許さない」という空気が当たり前になりますように。 news.yahoo.co.jp/pickup/6348583

「入試は遅刻厳禁だから、女子高生に痴漢し放題」。 泣き寝入りを狙った卑怯な書き込みが入試シーズンに毎年、見られます。しかし、大学入試センターに取材したところ、「万が一遅刻しても救済措置はある」とのこと。受験生を痴漢から守る活動も広がっています。 #withyellow bengo4.com/c_23/n_10663/

私はちゃんとしたフェミニズムとか知らんしTwitterの外では単なる個人として手の届く範囲で誰かを助けられたらと思ってるだけの人間で、まぁツイフェミって呼ばれてるんですけど、ツイフェミの1つのツイートから企業が動いたのすごくない? ていうか私がすごくない? twitter.com/shisoyama/stat…

高校生、よく声上げた、えらい! 47歳男性、よく目撃情報出してくれた、よく周りに協力要請してくれた 28歳男性もよく追い付いた 痴漢にあって声を上げても無視されないのが当たり前になってほしい nikkansports.com/m/general/news…

その他共通点 重要な他者

大学入試共通テスト 延期についても加えました。 ①声をあげて問題可視化 ②周りの人も賛同(Twitterレベル) ③周りの人も賛同(野党・有名人) ④政府が対応を変える あの時世界は動いた【twitterで声を挙げるのは無駄じゃない!】【誰もがなれる「重要な他者」】 matome.naver.jp/odai/215529178…

businessinsider.jp/amp/post-19252…大きな変化を感じたのは、当事者であるご夫婦とメディア・世論である。また、こうした社会規範の変化についていけていない企業の実状が浮かび上がった… 今回、多くのメディアや性別を問わず有識者が会社に対して批判を寄せたのは、法的な観点からではない。

toyokeizai.net/articles/-/672… Change.orgはある事象に関心を持っている個人と、それに賛成する人々の数を可視化してくれます…記者たちが「このテーマにはニュースバリューがある、人々の関心が高い」と上司を説得するためのツールになっていると思います。

toyokeizai.net/articles/-/672…何か大きな事件が起きた後、メディアは集中して報道を行いますが、しばらくすると、別の話題に関心を移してしまい…Change.orgを使うと署名数がどんどん増えていく様子がわかりますから「この話題はまだ人々の関心があるな」「その後について取材してみよう」

lovepiececlub.com/column/13285.h… 社会が変わる、その背景には、それを問題だと思い、行動し、変えてきた人たちがいるということ。その人たちのことを、わたしはずっと覚えていたい。 …今直面している問題も自分たちの手で変えていくことができる、変えていかねばという思いが湧きあがる。

「問題意識がファクトを生む」 上野千鶴子氏 社会学者: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

r.nikkei.com/article/DGXMZO…女性学はデータも何もないところから始まりました…問題意識がないとファクトは生まれません。セクハラはかつて「性的いたずら」「職場の潤滑油」などと呼ばれていました。当時はセクハラに関する定義がなかったので、女性は答えようがなかった。

誰もがなれる重要な他者

すごすぎる「重要な他者」だし私もそうなりたい shuzaikoara.blog39.fc2.com/blog-entry-667…木下さんは入管の存在は否定しない。実際に不法就労や違法行為目的の外国人がいる以上、必要な組織だからだ。 しかし今の体制では「被収容者も苦しむしその仕事に携わる職員も苦しい。誰にも何のメリットもない」。

「私が入管を辞めたワケ」。18年間勤務した入管は、いつからかブラックボックス化し、情報も出さない、説明もしない、非人道的な組織へと変貌した。今年3月末で入管を辞職した木下洋一さんは今「入管問題救援センター」を立ち上げ、入管の是正を目指して活動している。 shuzaikoara.blog39.fc2.com/blog-entry-667…

shuzaikoara.blog39.fc2.com/blog-entry-667…,すべての手続きを入管だけで行い,裁判所や第三者機関が一切関与しないため,チェック機能も存在しない。入管行政がブラックボックス化するのは必然」と確信し、入管制度を改めるべく、今年3月末に入管を退職し、「入管問題救援センター」を立ち上げた。

shuzaikoara.blog39.fc2.com/blog-entry-667…だが2006年横浜審判部門に異動してから「価値観が変わった」。直接のきっかけは、不法滞在一家を強制送還させた時、そこに息子と同い年くらいの10歳の少年がいたこと。少年は、日本で生まれ育ち、父の本国も知らず、日本語しか話さない。子ども巻き込むような処分が必要なのか

im-res9.com入管を飛び出した私がやるべきこと、やらなければならないことは、沈黙を守ることではなく、発信し続けることだと信じて、私はこの入管問題救援センターを立ち上げました。

ベトナム難民の支援キーパーソン

refugee.or.jp/fukuzatsu/tats…愛光寮の閉鎖後、その間隙を縫う働きをしたのがこれまで35年間にわたって「難民ケースワーカー」を担ってきた古橋楓さん…彼女と二人三脚で同胞の組織化に尽力してきたベトナム難民のトラン・バン・ミン(日本名:山田明)さんの働きもその後のベトナム人の定住化に大きな役割

1 2 3 4 5 6