1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

たかが、と侮る事なかれ…江戸時代の死亡原因上位は虫歯だった!?

皆さんは歯磨きをしっかりとしていますか?しっかりとしないと命にかかわることだってあるのです。なんと江戸時代の死亡原因の上位はオーラルケアをしなかったことによる虫歯での負血症だというのですから、驚きですよね。平均寿命を大きく下げていたようです。

更新日: 2019年03月19日

3 お気に入り 4937 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

皆さんは虫歯対策をしていますか?

むし歯とは、ひとことで言うと酸によって歯が溶かされる病気のことです

チョコレートやキャラメル、アメなどのお菓子に代表される砂糖を含む食べ物とむし歯には、
とても深い関係があります。

虫歯を放置したままの人もいるかもしれませんが、虫歯を放置しておくとロクなことはありません。

顎骨炎という言葉はあまり聞きなれないと思いますが、文字どおりあごの骨の炎症のことで、非常に重症化したり、ときに命にかかわったりする場合もあります。

そしてこの病気は虫歯の悪化が原因で発症することもあり、決して誰にとっても他人事とはいえない病気です。

むし歯はなってから治すのではなく、なる前に予防することが一番大切です。

しかし江戸時代の死亡原因上位は虫歯だった?

抗生物質などがない時代の江戸時代においては、死因の上位を感染症が占めていたのではないかと思われます。

実際、江戸時代においては、「むし歯」が死因の上位を占めていたとも言われています。

虫歯菌が様々な所に転移することもあるようです。

当時は、今ほど食べ物に砂糖などの甘味料が使われていた訳ではありませんから、そこまでむし歯の進行は早く無かったと推測されます。

しかし、まともな歯科治療は普及していませんから、むし歯が一旦悪化すると大変だったことは想像に難くありませんね。

十分なブラッシング法もなく自然に任せていたので、歯の痛みに苦しむ人も少なくはなかったのです。

皆さんもしっかりと歯磨きやケアをしましょう

ちなみに、むし歯が原因で死亡と書きましたが、厳密には「敗血症」ということになります。
※敗血症とは・・・、細菌、ウイルス、真菌が血液中に入って全身に回り、臓器不全など全身症状をともなう病気のこと。

むし歯の細菌が血管を通して、心臓や肺、脳などに運ばれてしまうのですね。

あまり耳にすることは無いかもしれませんが、実は今でもむし歯が原因で死亡している人はおり、世界中で報告されています。

今でもいるのが怖いですね。

プラークは生きた細菌の塊で、むし歯・歯周病などの原因になりますが、歯と同じような乳白色をしているため、注意してみがかないとみがき残してしまいます。さらに、水に溶けにくく、歯の表面に粘着しているため、うがいでは取り除くことができません。

歯みがきによって、このプラークを取り除きむし歯や歯周病などにならないようにすることが大切です。

様々な声が

@yubikiriGM 江戸時代の人の死因の殆どが虫歯なのじゃ ほうっておくと死ぬのじゃ 覚えておくと良い

1 2