1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

さすが大阪、AIもボケる?大阪メトロ公式サイトの誤訳がジワるw

大阪メトロ公式サイトの英訳で”堺筋線”を「サカイ・マッスル」、駅名の”天下茶屋”を「ワールドティーハウス」と翻訳するなどの誤訳が発覚し閉鎖に。これがTwitterで笑えるネタになっていました。

更新日: 2019年03月19日

12 お気に入り 17212 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大阪メトロ公式の英文サイトがパワーワードまみれだったw

nyokikeさん

▼大阪メトロの公式の英文サイトの英訳が何だかおかしい…

大阪メトロは自社の英文サイトにおいて、堺筋線を「サカイ・マッスル」(Sakai muscle:堺筋肉)と表記するなど、誤訳が多数見つかったことが明らかになりました。

18日午前に外部からの指摘で判明し、すぐに閉鎖の措置を取ったという。インターネット上でも「英語がめちゃくちゃ」「目も当てられない」などと話題にされていた。

例えば、堺筋本町駅での避難訓練の内容を紹介したページでは、「3両目付近」を「near Eyes 3」、天神橋筋六丁目を「Tenjin bridge muscle 6-chome」と訳していた。

大阪メトロによりますと、今月16日に公式サイトの外国語のページで路線名の「堺筋」を「Sakai muscle」と表記したり、駅名の「天下茶屋」を「World Teahouse」とするなど4つの誤りがあると利用者から指摘がありました。

公式サイトは英語や中国語などがありますが、大阪メトロは18日から外国語のすべてのサイトを閉鎖し確認作業を行っています。

▼どうしてこうなってしまったのか…大阪メトロは外国語ページのリアルタイム提供のために自動翻訳ソフトを導入していました

大阪メトロは昨年9月ごろ、日本語ページの新着情報を自動翻訳し、外国語ページに掲載する仕組みを導入した。

同社の広報担当者は「それまでの外国語ページは、観光情報などの限られたページのみを作り込んで掲載していた」というが、訪日観光客の増加を受け、新着情報や運行情報などもリアルタイムで提供しようと、米Microsoftの自動翻訳ソフトを導入した。

・訪日観光客が増加する中、利用されている機械翻訳

かつては使い物にならなかった日英の機械翻訳ですが、ニューラルネットワークの採用で近年は大幅に精度が向上。ニュアンスや表現に不正確な部分はあるものの、長文を斜め読みする程度ならばだいぶ意味を汲み取れるようになっています。

とはいえ正確な翻訳を保証するものでもなく、人による校正を省ける精度にはまだまだ至っていません。

「トップページや駅構内図などのページはチェックしていたものの、日々更新されていく情報までは確認が追い付いていなかった」という。19日現在、ページ全体の見直しを進めているが、再公開のめどは立っていない。

▼「サカイマッスル」というパワーワードがTwitterで話題に

私みたく、沿線利用者はこのジワリ具合はたまらないと思う →「堺筋」が「サカイマッスル」に 大阪メトロ公式サイトで複数の誤訳 news.livedoor.com/article/detail…

さすがに「サカイマッスル」「大阪メトロの公式サイト」「Word Teahouse」の3つでトレンド上位独占は笑ってしまう pic.twitter.com/m7LDIvw6Z7

Sakai mascle に World teahouse…堺筋線めちゃかっこええやん。とどめに天神橋筋丁目はHeaven God Bridge Mascle Six Eyes…もうサカイマッスルでええわ(笑) twitter.com/osakasubwaycom…

ツイッターのトレンドにも上がってるけど大阪メトロ公式サイトが自動翻訳を使って駅名表記等がおかしくなってた件、「また、しょーもないミスしてっ」と怒りそうになったけど堺筋をSakai muscleはずるいよねー。笑って許しちゃうw

堺筋→サカイマッスル 御堂筋→ミドウマッスル 新御堂筋→ニューミドウマッスル 谷町筋→バレイタウンマッスル 四つ橋筋→フォーブリッジマッスル 松屋町筋→マツヤタウンマッスル なにわ筋→ナニワマッスル 上町筋→アップタウンマッスル 今里筋→ナウビレッジマッスル

トレンドのサカイマッスルを見て当然の如くマッスル坂井が話題になってるだろうと思ったけど、なかなかその手のツイートが見つからない。 マッスル坂井、そんなにマイナーな存在なのか…? pic.twitter.com/QhjF6qg8WT

1 2