1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

激アツすぎる…人気アニメ続編決定がネットをざわつかせた!

待っていました…「俺ガイル」第3期が決定しました!原作もクライマックスへ…。実は他にも人気アニメが新作ラッシュなんです…「転生したらスライムだった件」に「鬼灯の冷徹」、そしてまさかの「魔法少女まどか☆マギカ」も続編が!?一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!!

更新日: 2019年03月19日

22 お気に入り 127037 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ついの「俺ガイル」3期が…アニメ好きでなくとも必見ですね!

critical_phyさん

ファン歓喜…「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」3期が来たぞ!!

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(略称、俺ガイル)のアニメ第3期制作が決定。「ガガガ文庫」の公式サイト「GAGAGAWIRE(ガガガワイア)」などで発表された。

ボッチでいようとする高校生の主人公・比企谷八幡。その性格を見かねた教師が「奉仕部」へ強制入部させる。そこには唯一の部員・雪ノ下雪乃、そしてクラスメイトの由比ヶ浜結衣が相談しにきて…。比企谷八幡、雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣を中心とした青春群像劇。

原作は13巻まで刊行されており、4月18日発売の14巻にて完結を迎える。「このライトノベルがすごい!」では2014年から2016年にかけて3年連続作品部門の第1位に選ばれ、唯一の殿堂入りを果たしている。

話題沸騰…「転スラ」2期が早くも大反響です!

「転生したらスライムだった件」は、通り魔に刺されて亡くなったサラリーマン・三上悟が異世界でスライムとして転生し、そこで異なる種族が共存して暮らせる国作りを目指す物語。

原作は小説投稿サイト「小説家になろう」で累計5億PV、書籍がシリーズ累計1200万部を突破した同名ライトノベル(作:伏瀬/イラスト:みっつばー)のコミカライズ版(講談社『月刊少年シリウス』連載中、漫画:川上泰樹)。

関連書籍を含めたシリーズ累計発行部数は2017年3月の時点で200万部、アニメ化が決定した2018年3月の時点で450万部、アニメ放送中である11月の時点で1000万部を突破。

TVアニメ「転生したらスライムだった件」の第2期制作が決定。2020年にスタートする。

主人公・リムル役の岡咲は「もううれしすぎて、2期に向けて準備万端です」と続編決定を喜んだ。

さらにイベントも!

現在、大阪・大丸心斎橋店では、3月25日(月)までの期間、“異世界(テンペスト)への旅行”をコンセプトにした本作の展覧会を開催中。3月27日(水)から4月9日(火)は、東京・松屋銀座での開催となる。

転スラアニメ2期おめでとうございます✨✨ 放送まではまだ時間がたっぷりあるので、アニメしか見てない方は、Web版や、書籍、漫画を読んでみてはいかがでしょうか?( ´ ▽ ` ) pic.twitter.com/ikiDWGoXtL

楽しみ過ぎる…「鬼灯の冷徹」新作アニメが見られるぞ!

広大な地獄で、さまざまなトラブルに対処する鬼神・鬼灯やその上司・閻魔大王ら地獄の面々の楽しい日々を描くコメディ。アニメ第2期の2クール目に当たる「『鬼灯の冷徹』第弐期その弐」が、2018年4月よりTOKYO MX1ほかにて放送された。

原作は、「モーニング」で連載中のシリーズ累計発行部数1,100万部突破のコミック。

御伽噺・怪談などの登場人物が多数出演しており、日本に限らず海外の悪魔・妖怪なども登場する。「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」で1位を受賞した。

アニメ第弐期その弐以来となる新作アニメーションの制作が決定。新作OADとして原作コミックス第29巻、第30巻、第31巻の限定版に付属する。

公開されたビジュアルは、キセルを持って澄ました表情を浮かべる鬼灯の周りを、お馴染みの個性豊かなキャラクターが取り囲んだ賑やかな仕上がりになっています。

新作OADでは、監督の米田和弘、脚本の後藤みどり、音響監督のはたしょう二、第弐期のキャラクターデザインのお祭似郎といったおなじみの制作陣に加え、アニメーション制作はPINE JAMが担当する。

思わず声出たわ!!!やった〜〜〜〜〜!!!!!めちゃくちゃ嬉しい〜〜〜 鬼灯新作OAD

一体どういうこと…「まどマギ」スタッフの続編に関する発言が注目を集めている!

2000年代後半より、数多くのテレビアニメシリーズを世に送り出してきた新房昭之監督・シャフト制作のタッグによる、オリジナルアニメ作品。

第3話で衝撃的展開を迎え、その後もそれが単なる驚かしではない事を示すかのように重い内容を取り扱い、最終的に「魔法少女」というジャンルそのものを揺るがす作品となった。

希望に満ち溢れているものの、切なさも感じられる結末や意味深なラストシーンの演出などから、放送終了後もさまざまな考察がなされており、評論や読解を試みた関連書籍も刊行されている。

1 2