1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

嬉しいけどちょっと不安…今年は「春」が来るのが早すぎる件

北海道の雪解けや桜の開花など、今年は春が来るのが早すぎます。嬉しいけどちょっと不安かも…という意見も。

更新日: 2019年03月19日

7 お気に入り 20220 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■春めく列島

桜の開花が、いよいよ秒読み。17日の日本列島は春を感じさせる1日となった一方で、一部の地域は、天気の急変に見舞われた。

今朝は北海道や山陽、四国でこの時期にしては気温の高い朝、最も暖かい朝を迎えている所が多くなっています。

紫外線も徐々に強まっているため、気になる方は紫外線の対策も念入りにした方が良いでしょう。

■とにかく暖かい

@majorika03 ウン“((・-・*)コクリ 今日は暖かいを通り越して暑い感じがしますね。ι(´Д`υ)アツィー 午後から歩きに行くのかな? 気をつけて行ってらっしゃい。

@maria85665971 そちらも暖かいとは、春ですなぁ。こちらは桜のつぼみも大分膨らんできてるよ~楽しみね~♪

つか、今日めちゃくちゃ天気良いとは思ってたけど、 外めっちゃ暑いな?!

寒い寒いってきいたけど ちょっと重い荷物もって歩けばもう暑い時期がやってきたようだな…

■愛媛県では桜が咲き始めた

きょう18日(月)、愛媛県宇和島市で桜が開花しました。日本気象協会で開花を予想している全国92地点の中で、最も早い開花

宇和島市は18日、サクラの開花を宣言し、標本木に18日の日付が書かれたプレートが取り付けられました。

午後2時ごろ、気象庁OBの観測員五十嵐廉さん(74)が、5輪咲いているのを目視で確認したという。

3月18日のニュースです。

■そして都心の桜のつぼみも色づき始めた

靖国神社にある東京都心の桜(ソメイヨシノ)の標本木です。きょう18日(月)昼頃には、先端がピンク色になっている蕾がたくさん見られました。

日本気象協会の最新の開花予想では、東京で21日(木)となっています。このタイミングで、桜の開花の便りが届く所もありそうです。

20℃を超えるような暖かさになると桜のつぼみは急速に生長していきますので、今週はつぼみの変化から目が離せません。

■九州地方ではもう間もなく。その他、弘前市などの予想も出ている

日本気象協会が14日に発表した桜開花予想は上図です。九州から関東で次々に開花する見込みです。東京都心の開花は21日、満開は30日と予想

豊島区 長崎公園の花。何故かソメイヨシノと思われる木ももう満開だった。 pic.twitter.com/lsO5Y5APuP

弘前さくらまつり(4月20日~5月6日)開幕まで、あと約1カ月。弘前市公園緑地課は18日、弘前公園の桜の今季1回目の開花予想を発表した。園内のソメイヨシノは平年より4日早い4月19日に開花、満開は24日

予想です。

■ソメイヨシノの開花が年々早くなっている

ところで、過去50年の統計をとってみると、桜の開花時期が明らかに早まっていることが分かります

1 2