1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ゆりゆり』『はじこい』ロスも!“続編希望”も続々な「冬ドラマ」

2019年1月期冬ドラマもほぼ終了。「ロス」を発生させたり、続編希望が殺到した4作品。『グッドワイフ』、『トクサツガガガ』、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』、『初めて恋をした日に読む話』。

更新日: 2019年06月16日

6 お気に入り 74488 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆有終の美を飾った『グッドワイフ』

本作は、リドリー・スコットが製作総指揮を担当したアメリカのドラマ「グッド・ワイフ 彼女の評決」のリメイク版。

夫の裏切りによって人生が一変した女性・杏子(常盤貴子)が、16年ぶりに弁護士に復帰。仕事を通して、自らの困難に立ち向かっていく姿を描くリーガルヒューマンエンターテインメント。

・鮮やかな逆転劇に続編希望が続々

唐沢寿明(中央)

壮一郎(唐沢寿明)の指揮により、多田(小泉孝太郎)が贈賄容疑で逮捕された。私情が絡んでいるかと思われたが、実は次長検事・御手洗(中村育二)と裁判官の癒着を暴くことが狙いだった。鮮やかな逆転劇が繰り広げられ、「スカッとした」との感想が上がった。

「グッドワイフ、グッドエンド」「最後まで見応えあって面白かった!」「構図が作りこまれている」といった意見から、満足度の高い作品であったようだ。

終了後はロスに陥るファンも多く「続編見たい」「続編、スピンオフお待ちしています!!!」など続編希望の声が現在も多数投稿されている。

しつこいけどグッドワイフロスが凄いから毎日見てるww 蓮見杏子が常盤貴子さんで本当に良かったと改めて思う そして唐沢さんの最後もかっこよ過ぎてリピートww 孝太郎さんはずっと好き 最高で抜群のキャスト選びに感謝します♡ #グッドワイフ #常盤貴子 #唐沢寿明 #小泉孝太郎

グッドワイフ最終話から1日経った今日。 ロスすぎます。 録画したのを観て泣きそうになったところを我慢しました。 泣いてももう1話やることはない。 でも続編やって欲しいな✨ 独身になった杏子ちゃんと幸せになってる多田先生が観たい。 #グッドワイフ #グッドワイフロス #続編希望 pic.twitter.com/OHE2gkyzM2

◆オタクの気持ちを代弁する物語が共感を集めた『トクサツガガガ』

丹羽庭の同名漫画を原作としたコメディー。小芝風花が連ドラ初主演で、特撮をこよなく愛する“隠れオタク”な商社勤めのOL・仲村叶に扮(ふん)する。

周囲にオタクだとバレることを怖れ、コソコソとオタク生活を楽しむ彼女の日常がコミカルに描かれていく。

小芝風花が隠れ特撮オタクの主人公・仲村叶を好演し、オタクの気持ちを代弁するストーリーに多くの共感が集まっていた。

・最後まで名言だらけだった同作 「ガガガロス」と2期希望の声

クライマックス、叶は特撮を禁止する両親との関係に悩む小学生のダミアン(寺田心)に、「好きな気持ちは誰にも奪えないよ」と一言。このセリフに対してSNSには「このセリフにつきる!」「名言だわ!」などの反響も。

ガガガロスがほんとに深刻 私の全細胞が小芝風花の仲村叶を求めている… #トクサツガガガ #小芝風花 pic.twitter.com/bnSdjMLKjP

◆最後まで視聴者を惹き付け続けた『3年A組』

卒業まで残り10日間となった高校を舞台に、1人の教師が29人の生徒を人質にし、ある”真実”と向き合う姿を描く学園ミステリー。

第4話以降、平均視聴率は一度も落ちることなく、最終回は15.4%で有終の美。全話平均でも11.5%を記録。

1 2