1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

他誌で成功やTV局Dまで…連載終了漫画家のその後は案外成功していた

ジャンプ漫画には数多くの漫画がありますが、ジャンプから消えていった漫画家のその後を調べたら案外成功しているケースが多いです。漫画家の現在をまとめました

更新日: 2019年03月22日

11 お気に入り 41737 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ジャンプで打ち切りられた漫画家も、他誌で成功するケースが非常に多いです。色々な漫画家のその後をまとめました!

genzohさん

■堀越耕平 打ち切り作「逢魔ヶ刻動物園」「戦星のバルジ」

夕方になると動物たちが人間のような姿に変身する「逢魔ヶ刻動物園」を描いた漫画。全37話。

現在は大ヒット漫画「僕のヒーローアカデミア」を連載中!

「僕のヒーロー」に始まり、今花開いている”ヒーローが日常にいる”という設定。特別な法律があったり、ヒーローが事務所に所属していたりとディテールまで作り込まれ、とても面白い。『僕のヒーローアカデミア』は、今までで一番楽しく描いているという。

僕の2作目の連載がすぐ終わってしまった時に気持ち的にすごく落ち込んでしまって、新しいアイデアを出せるほど漫画に対して気力がなくなってしまったんです。
でも、早く次の作品のアイデアを出さないといけない。じゃあこれまでに描いてきて、描いていて楽しかったことだけやろうと思って。

以前に『僕のヒーロー』という読切作品を描いていた時は楽しかったから、これを元にした連載にしようと。
現時点での僕の集大成的なものが『僕のヒーローアカデミア』なのかもしれません。

アニメ化とかしてないのになぜか忘れられない名作漫画② 逢魔ヶ刻動物園 今やヒロアカで一世を風靡する堀越先生が手がけた意欲作 物語が徐々に面白くなってきた最中で突然の打ち切りは正直可愛そうだった 高校の同級生でこの作品を愛してやまない奴が打ち切り後に抜け殻になってたのが忘れられない… pic.twitter.com/BaQNdV46Gp

ヒロアカは相澤先生最推しです。読み切りの逢魔ヶ刻動物園も好きでした

動物好きとしてはヒーローアカデミアよりも前作の逢魔ヶ刻動物園を推したい。 脱兎のごとく

■霧木凡ケン 打ち切り作「地上最速青春卓球少年ぷーやん」

落雷の衝撃で全てを計算できる力「数秘術」を得た少年の卓球漫画。全2巻で打ち切り。

現在は名義を桐木憲一に変え、「東京シャッターガール」がヒット!実写映画化も実現!

桐木憲一の漫画を原作にした青春オムニバス作。写真部に所属する女子高生・歩が、カメラを手にさまざまな町に赴き、その住人たちとの触れ合いを経て成長する姿を三つの短編でつづる。

連載させてもらっている雑誌『週刊漫画ゴラク』の編集長さんから声をかけていただいて「女子高生」と「レトロ」を条件に描いてほしいと言ってもらって。それで、街歩きのがいいのかなっていうことをひとつ思いつきまして。でもそれだけだと、ちょっと面白くないので、カメラを持たせようと。

夏目あおいさん主演で実写映画化も実現しました!

『東京シャッターガール』の桐木憲一さんって、昔週刊少年ジャンプで連載してた卓球マンガの『ぷーやん』の霧木凡ケンさんが改名されたのね。

ネット書店全滅中の「東京シャッターガール」の一巻を手に入れたぞ!期待以上の素晴らしい出来に、帝都出張時に見たい場所が増えて困る。しかしこの作家先生がよもや打ち切り漫画「青春卓球少年ぷーやん」の人とは驚愕。キャラ顔に面影は確かにあるが…… blog.livedoor.jp/geek/archives/…

■大石浩二 打ち切り作「メゾン・ド・ペンギン」

アデリーペンギンが管理人を務めるマンション「メゾン・ド・ペンギン」を舞台にしたギャグ漫画。テコ入れとして舞台を3年後にうつしたものの、失敗し打ち切りに終わった。

現在は「ジャンプ+」で連載を持ち、前代未聞の講談社とのコラボで話題に!

13話「出版社見学に行こう」は、人間界でマンガがどのように作られているのか興味をもったリコピンが、めめちゃんと一緒に実在する出版社に見学しにいくという話。

なにより驚きなのが、集英社の漫画でありながら、講談社の漫画グッズのプレゼントを実施している点。まるで講談社をアピールするかのような内容に、多くの読者が驚きを隠せずにいる。集英社なのに講談社をガチ推し!?

ふー、ジャンププラスのリコピンの講談社取材レポ、めっちゃ笑った。

集英社の漫画なのに、講談社の広告して、さらに講談社グッズを抽選してるの 今まで読んできたギャグ漫画で1番マジかよって笑ったかもしれん #リコピン

ジャンプ+に掲載されてるリコピンで少年マガジンの宣伝してるw 講談社会社見学w

あれ…私ジャンプ+でリコピン読んでると思ってたけどマガジンの作り方を読んでいた?あれ??講談社???

■北嶋一喜 打ち切り作「大泥棒ポルタ」

1 2 3