1. まとめトップ

【便利ソフト】Windows10でもWindowsフォトビューアーを使う

画像閲覧の定番WindowsフォトビューアーをWindows10でも手軽に使う方法

更新日: 2019年03月20日

1 お気に入り 365 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

基本搭載されなくなったWindowsフォトビューアーは便利です。

moepapaさん

Windowsフォトビューアーとは

Windowsフォトビューアーとは、以前のWindows、7や8で搭載されていた、画像閲覧用のビューアーです。
大変便利で見やすいアプリだったのですが、Windows 10からは別アプリ、「フォト」が標準画像ビューアーになり、Windowsフォトビューアーは基本では搭載されなくなってしまいました。

そんな大変便利なWindowsフォトビューアーを、Windows10でもひと工夫すれば使用することが可能です。

Windowsフォトビューアーの復活法

まず、Windows7や8など、以前のバージョンのWindowsを使っていてアップグレードしてWindows10にした場合、以前のままのWindowsフォトビューアーは搭載されています。
仮に画像を開くときのデフォルトがフォトになってしまっていても、右クリックでプログラムから開く、でWindowsフォトビューアーを選択することができます。

Windows10をクリーンインストールした際には、基本では表示されていませんので、レジストリの設定で復活させるか、簡単なソフトで復活させることができます。
ここでは作業の簡単な、フリーソフトで設定を改める方法をご紹介します。

1.Restore Windows Photo Viewerという海外のフリーソフトをダウンロードする
↓ダウンロードサイト

2.Download Nowのところからツールダウンロードし、実行

3.インストール後起動すると、画面左下に、「Restore Windows Photo Viewer」というボタンがあるので押下、「Success! the next screen, please Specify 'Windows Photo Viewer' in Default apps」というメッセージが表示されたら設定完了です。

4.画像閲覧時に、右クリックからプログラムから開くを選ぶか、ファイルを右クリック→プロパティから、プログラムの横の変更ボタンを押下、Windowsフォトビューアーを探して選択すれば、今後その拡張子の画像ファイルはWindowsフォトビューアーで開くことができます。

スライドショーや、シンプルに画像表示、他の画像へキーボード操作で流していくのにも、大変便利なので、ぜひ搭載しておきたいアプリです。

参考

1