1. まとめトップ
  2. 雑学

メガネの選び方|自分に似合う眼鏡を選ぶポイントは

メガネの選び方は意外とむずかしいものです。自分の気に入らないメガネが似合う、ということもあります。眼鏡を選ぶポイントを理解して、お店で合わせてみましょう。自分に似合う眼鏡を選ぶポイントをまとめます。

更新日: 2019年03月20日

18 お気に入り 17677 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

専門家の話をまとめます。

fwriterさん

▼ 黒目の位置

レンズの中心から瞳が約1~2mmぐらい内側におさまるものを選ぶ

・中央かやや内寄りがいいようです

<上下幅の浅いフレーム>の場合は、レンズの中央あたり(中央より下にならないように)に目を位置すると、バランスが良くなります

似合う似合わないの基準とは?レンズの真ん中付近にきちんと黒目が来ていることがメガネを掛けた印象を自然に見せる最大のポイント

▼ フレームの幅

①片方のレンズの横幅 × 2 + ②ブリッジ幅 = フレームの横幅

テンプルの内側に①と②の記載があります。例:56□16⇒56×2+16=128(横幅)

顔幅 ≒ フレーム幅 が王道バランス 顔の横幅が最も広い部分とフレームの横幅が同じくらいになるサイズ感がベストバランス!

▼ 顔の形 ▼

顔の形と同じ形のサングラスを選ぶと顔のラインが強調されてしまい、不自然な印象となってしまいます。丸顔の人はエッジのあるフレーム、反対に三角顔、四角顔の人は丸みのあるフレーム選ぶと、顔に

▼ 丸顔

また、レンズ枠のないもの「ハーフリム」や「ツーポイントフレーム」などは同じ効果が期待できることもあり、オススメのフレームです

丸顔の方は顔の縦横の長さの比が小さく、柔らかい雰囲気が特徴的です。「スクエア」や「ウェリントン」のように角のあるフレームを

唆されて丸眼鏡を買ったら丸い顔がさらに丸く見える

丸みを帯びた眼鏡が欲しいなと思ってたんだけど調べたら丸顔にはNGらしくてヴァ~~~~~ってなってる

▼ 四角顔

丸みのあるフレームを選ぶことによって印象が和らぎます

やさしい印象を演出してくれる「オーバル」。トレンドに左右されないシンプルなフレームは、表情を柔らかく見せ大人の女性の艶感を

四角い顔には丸い眼鏡、丸い顔には四角い眼鏡というのが基本らしい

1 2