1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『舟を編む』の石井裕也監督最新作も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)5作品のまとめ。実写版『名探偵ピカチュウ』、小松菜奈×門脇麦×成田凌『さよならくちびる』、細田佳央太×関水渚『町田くんの世界』、EXILE TRIBE『HiGH&LOW THE WORST』、『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』。

更新日: 2019年04月08日

1 お気に入り 2850 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『名探偵ピカチュウ』(5月3日公開)

「ポケットモンスター」ゲームシリーズの「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで実写化。

かつてポケモン好きだった青年が、父親を捜すために名探偵ピカチュウとコンビを組む。

「デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズが名探偵ピカチュウの声を担当。「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のジャスティス・スミスが主人公ティム、渡辺謙がヨシダ警部を演じる。監督は「グースバンプス モンスターと秘密の書」のロブ・レターマン。

予告編は“しおしお顔”や“くしゃ顔”などさまざまな愛らしい表情を見せるピカチュウの姿やド派手なアクションシーンが続々と登場。

さらに圧倒的な存在感を放つミュウツーをはじめ、フシギダネ、リザードン、コダック等おなじみのポケモンたちも描かれている。

麻倉未稀の「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」が流れる後半には、さまざまなアクションシーンが切り取られた。

◆『さよならくちびる』(5月31日公開)

『月光の囁き』などの塩田明彦監督が、若者たちの青春と恋愛を描いたロードムービー。

2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、それぞれの道へ進むため解散を決める。2人はサポート役である青年シマとともに日本縦断の解散ツアーに出るが、レオはシマに、シマはハルに思いを寄せており、ハルもまたレオに友情を越えた感情を抱いていた。

『恋は雨上がりのように』などの小松菜奈と『世界は今日から君のもの』などの門脇麦が主演を務め、『コード・ブルー』シリーズや『ニワトリ★スター』などの成田凌らが共演している。

本予告映像は、突然解散を決めたレオとハルに、シマが「2人とも本当に決心は変わらないんだな…?」とあらためて問い掛ける場面からスタートする。

秦基博が手がけた主題歌「さよならくちびる」と、あいみょんが作詞作曲を務めた「たちまち嵐」とともに、じれったい三角関係にもがく不器用な3人のやり取りが描かれていく。

衝突し合いながら少しずつ秘めた想いを吐露する3人。そして、涙を浮かべるハルを自動販売機に押し付けるようにして、強引にくちびるを奪うレオの姿も。

◆『町田くんの世界』(6月7日公開)

『舟を編む』などの石井裕也監督が、第20回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した安藤ゆきの少女漫画を映画化した青春ラブストーリー。

勉強も運動も大の苦手だが、困った人がいると見過ごせない一風変わった真面目一直線の高校生・町田一の破天荒な日常やヒロイン・猪原奈々との恋の行方を笑いと涙満載で描く。

主人公の2人には、演技経験がほとんどない新人の細田佳央太と関水渚を抜てき。その脇を、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子と主役級キャストが固める。

主題歌が、平井堅が書き下ろした「いてもたっても」に決定。あわせて、同楽曲が流れる本予告映像も公開された。

本予告は、「この世界は悪意に満ちている」と思いながら過ごしてきたジャーナリスト・吉高(池松)の前に、赤い風船に手を伸ばそうとする町田が現れるシーンからスタート。

そんな世界でも、“人を愛する才能”がズバ抜けている町田の優しさ伝わるシーンが収められ、猪原と出会い初めての感情に戸惑う様子も。

1 2