1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【ラーメン激戦区】目黒区の美味しいラーメン店♡注目の1杯

ラーメン店が多い目黒。麺料理店の人気商品を紹介する記事まとめです

更新日: 2019年04月16日

7 お気に入り 3403 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

church_aさん

目黒区は人気エリア!!

目黒区といえば高級住宅街のイメージがありますよね。そのイメージ通り、賃貸物件の家賃は少し高めのようです。しかし、それでもなお住みたいと思わせる、住みやすさがあるのが目黒区の魅力です。

目黒区にある「自由が丘」は、高貴でシックな雰囲気が漂う街。八雲や柿の木坂などの高級住宅地がその魅力をより際立たせます。春になると、目黒川に多くの桜が開花。23区のなかでも有数の花見の名所として、多くの観光客が訪れます。

約4kmにわたり桜並木が広がる人気スポット。大橋から下目黒にかけて、春には桜が咲き乱れ、大勢の花見客でにぎわう。また、目黒川沿いには個性派ショップも立ち並び、お花見とともにショッピングを楽しむ人も多い。

ラーメン激戦区!!ハイレベルなラーメン店が集結

人が集まるという土地柄、豊富な飲食店が軒を連ねるグルメスポットでもあり、ラーメンの激戦区としても知られています。
本記事では、おしゃれな街である目黒駅周辺から、おすすめのラーメンを厳選して紹介します。

たくさんの芸能人が訪れているお店や一風変わったお店など多く点在しています。そんな目黒駅のオススメラーメン店を厳選してご紹介します♪

【辛麺屋 一輪】

麺は、「辛麺」の店のスタンダートともいえる、こんにゃく麺、中華麺、うどんがラインナップ。スープに入れて雑炊風に楽しむ、ごはんという選択肢もありました。

こんにゃく麺だと一杯461カロリーほど。一般的な鶏がらスープのラーメンだと900〜1000カロリーはあるので、ダイエット中の女子におすすめです♪

ベーシックな「辛麺」(850円)。いくつもの唐辛子を調合した辛いだけではない“旨辛スープ”に溶き卵を入れ、最後にニラをのせる。辛さの向こうにある旨さがたまらない

辛さは、26段階から選択可能(+0~200円、6以上は追加料金)。それでも物足りないという人には「マグマ」(+250円)が、さらに、「マグマ」をクリアした人のための、「とんでもねぇ」も用意されています。

女性に優しい気遣いがされたサービスも魅力!手鏡、髪ゴム、ブレスケア、紙エプロンなどなど、食べた後も綺麗なままでいられる安心のアイテムが揃っています♡

宮崎発祥の“辛麺”で有名の東京の人気店「一輪」の味わいをカップ麺に再現したもので、宮崎辛麺らしい唐辛子の辛みに加え、ポークをベースにした醤油味のすっきりとした口当たりが特徴的な“東京 一輪 旨辛麺”となっております!

一口食べてみると…非常にすっきりとした喉ごしさっぱりとした醤油スープには、唐辛子による辛みが加わったことでキレが際立ち、この食欲そそる辛みが最後まで飽きさせません!

そして、スープはさらっとしているものの…ほどよくガーリックが利いているせいか、ポークの旨味も合わさったことで、しっかりとした美味しさが表現されていることが伝わってきます!

【麺屋 藤しろ】

東十条の名店「ほん田」出身の店主が生み出す会心の“鶏白湯”を味わえる、目黒の人気店。

目黒駅から徒歩1分と、とても好立地の場所に店を構える「麺屋 藤しろ」。イタリアン・フレンチを経験した後に、ラーメン屋で修行をし、後に開業をした店主が作る一杯は、とてもこだわりのある一杯となっています。

大山地鶏の丸鶏を使用し、仔牛の骨、すじ肉をローストして香ばしさを加えた濃厚鶏白湯スープはリピーター続出です。

『濃厚鶏白湯ラーメン』は、鶏ガラや大山地鶏の丸鶏をふんだんに使用した店主こだわりのスープが自慢。
一口飲むと濃厚な鶏だしの風味が口いっぱいに広がります。

無化調にこだわった優しい味わいは、女性にも食べやすいと評判です。

1 2 3