1. まとめトップ

「作品に罪はない」瀧容疑者出演の映画公開に賞賛が広がっている

ピエール瀧容疑者の逮捕に伴う「自粛ムード」の中。映画公開に踏み切った「麻雀放浪記2020」の判断を巡る反応についてのまとめです。

更新日: 2019年03月20日

2 お気に入り 1082 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ピエール瀧容疑者の逮捕に伴う「自粛ムード」の中。映画公開に踏み切った「麻雀放浪記2020」の判断を巡る反応についてのまとめです。

asuho_manさん

先日3月12日にピエール瀧が麻薬取締法違反の疑いで逮捕

コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いでミュージシャン、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が逮捕された事件で、自宅からたばこの巻紙数十枚が押収されたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

関東信越厚生局麻薬取締部は乾燥大麻を吸引する際に使用していた可能性があるとみている。

捜査関係者によると、巻紙はケースに入った状態で瀧容疑者の部屋から見つかった。瀧容疑者は「20代のころからコカインや大麻を使用していた」と供述しており、コカインだけでなく大麻も常習していた疑いがあるとみて調べている。

留まることの知らない「自粛ムード」

NHKはインターネットの「NHKオンデマンド」について、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』や『あまちゃん』、大河ドラマ『龍馬伝』のシリーズ全作品のほか、現在放送中の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の瀧容疑者が出演した回などの配信を当面、停止することを発表した。

瀧容疑者をめぐっては13日、CM出演していたLIXILが過去の出演コンテンツをすべて削除。

所属事務所のソニー・ミュージックアーティスツは、今週末の15・16日にZepp Tokyoで開催予定だった『電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”』東京公演の中止を発表。所属レコード会社のソニー・ミュージックレーベルズは、同容疑者とユニットのCD・映像など商品の出荷停止と回収、およびデジタル配信の停止を発表。

ディズニーも映画『アナと雪の女王』でオラフ役の声優交代を発表するなど、各所に余波が広がっている。

そんな中、ある映画公開に賞賛が広がっている

「麻雀放浪記2020」が4月5日に公開

ピエール瀧が出演している「麻雀放浪記2020」が、ノーカットで予定通り4月5日に公開されることが決定した。

「麻雀放浪記2020」の公開については、監督・白石和彌と東映の代表取締役社長・多田憲之が、本日3月20日に東京・東映本社にて開催された記者会見で発表した。

なお劇中には、戦後のシーンにて、ほかのキャラクターが当時合法であったヒロポンを使用する場面があるという。

注目したい判断の基準

「罪を犯した出演者1人のために、作品を待ちわびているお客様に対してすでに完成している作品を公開しないという選択肢は取らない」という判断に至ったことを説明する。

「劇場での鑑賞は有料。鑑賞の意思を持ったお客様が来場するクローズドなメディアなので、テレビ放映やCMとは性格が違う」

製作委員会内で意見が割れたが、最終的に東映の判断を各社が理解したそうで、現在51スクリーンでの上映を予定。

1 2