1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

窪田正孝から瀬戸康史まで!春ドラマは「朝ドラ男子」に注目

2019年4月期春ドラマには朝ドラでブレイクしたり、ヒロインの夫役を演じた「朝ドラ男子」の主演作が多数。窪田正孝『ラジエーションハウス』、玉木宏『スパイラル~町工場の奇跡~』、松坂桃李『パーフェクトワールド』、内野聖陽『きのう何食べた?』、瀬戸康史『デジタル・タトゥー』。

更新日: 2019年09月29日

13 お気に入り 47945 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆女優だけでなく、若手男優の登竜門にもなっている「朝ドラ」

“朝ドラ”ことNHKの朝の連続テレビ小説。女性が主役をつとめることが圧倒的に多いこの枠ですが、主人公の相手役、あるいは重要な脇役に注目株の男優が起用されることが多く。

より幅広い年齢層の視聴者が注目する朝ドラは若手俳優の登竜門。

今では映画やドラマですっかりおなじみのアノ人気俳優も、実は朝ドラで知名度が大幅アップ。ヒロインの相手役に限らず、脇役で存在感を発揮した人も!

◆春ドラマにはそんな「朝ドラ」ブレイク男優の主演作が多数

▼『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(月曜夜9時、フジテレビ)

窪田正孝と本田翼

同名マンガをもとにした本作は、レントゲンやCTで病変を写し出す診療放射線技師と、その画像から所見を得て病気を診断する放射線科医たちを描く医療ドラマ。

主演の窪田は、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師・五十嵐唯織役。また、検査画像から所見を得る放射線科医・甘春杏を本田翼が演じる。

窪田正孝

「グッド・ドクター」の大北はるかが脚本を手がけ、「マスカレード・ホテル」「HERO」などで知られる鈴木雅之が演出を担当する。

・窪田正孝は朝ドラ『花子とアン』で大ブレイク

『花子とアン』スピンオフドラマ「朝市の嫁さん」(2014)

窪田正孝と石橋杏奈

窪田はその後、NHKで『下流の宴』や、朝ドラ『花子とアン』に出演し大ブレイクする。

ヒロイン・花子(吉高由里子)に恋心を抱くも幼馴染どまりの素朴青年・朝市は人気のキャラクターとなり、国民が心配する中(?)「朝市の嫁さん」というスピンオフスペシャルが制作されたほど。

▼『スパイラル~町工場の奇跡~』(月曜夜10時、テレビ東京)

倒産の危機に陥った下町の町工場を、銀行員から転身した一人の企業再生家・芝野健夫(玉木)が立て直していく姿を描くヒューマンドラマ。

「日本のモノづくりの魂」を縦軸に、降りかかる難題や金融機関の論理に翻弄されながらも、町工場という“1つの家族”が世界規模で襲いかかってくる巨大ファンド“ハゲタカ”に立ち向かい、奮闘していく。

・『のだめ』のイメージを乗り越え、朝ドラで再ブレイクした玉木宏

ドラマ『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)で“千秋先輩役”として出演し、大ブレイクを果たした玉木。

1 2 3