1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

レース鳩1羽が約1.6億円!…中国人の爆買い対象が幅広すぎる件

中国人の間では鳩による長距離レース熱が高まっており、レース鳩の価格も高騰しているとのことです。

更新日: 2019年03月22日

10 お気に入り 15353 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

そもそも『レース鳩』が出場する

鳩レースとは、複数の愛鳩家が各自の飼育している鳩を持ち寄って、同一地点から(放鳩地)から同時に放鳩し、誰の鳩が速く帰ってくるか競うもの

条件を公平にするため、放鳩地から各自の鳩を飼育している鳩舎までの距離を正確に測定し、鳩が帰るのに要した時間で割って、1分間のスピード(分速)を出して比較します。

レースでは、 鳩たちは100キロから千キロを飛ぶことになる。

最速で全コースを回り、鳩舎に戻ってきた鳩が優勝となる。

【ドバト】元来、その帰巣本能を買われて伝書鳩の役割を果たしていたが、現在ではレース鳩の種が残るのみといわれる。 pic.twitter.com/uKoJAA51fz

途中で道を見失ったり、タカなどの猛禽類に襲われるなどして無事に戻れない鳩も多く、1000kmのレースの帰還率は1割程度だという。

アメリカではマイク・タイソン、日本では新沼謙治や増井山関などが愛鳩家として知られていますね

古くは『レース鳩』を主人公にした連載漫画も

レース鳩アラシは、レース鳩と愛鳩家との絆をえがいた全14巻からなる物語

1978年から1980年にかけて『週刊少年チャンピオン』で連載

レース鳩(いわゆる伝書鳩)達の速さを競う鳩レース(英語版)という競技を取り上げた作品で、レース鳩の飼い主である愛鳩家たちとの絆やしのぎを削るライバルたちとの友情が描かれる。

少年漫画の部分とレース鳩競技としての解説も本格的で、レースだけでなく愛鳩家たちが鳩を育てるための悩みや問題も理解しやすい形でかかれている。

ユアン・マクレガーがレース鳩の飼育が趣味の青年役を演じる作品も

無口な少女の秘めた才能が一気に開花するさまを、スタンダードナンバーに乗せて描いたドラマ。

レース鳩の飼育が趣味の彼もまた内気だが、互いに好意を感じていた。

ちなみに「リトル・ヴォイス」のユアン・マクレガー(鳩少年役)がぶっちぎりでわたしのなかでの助演男優賞。ああいうひとがすきー。

そんな『鳩レース』、富裕層や中間層の間での人気が高まっている

中国では近年、富裕層や中間層の間で鳩レースの人気が高まっている。

数万ドルの賞金が出るレースもあり、ほとんどのギャンブルが違法とされている中国本土で唯一の合法的な賭けのできるレースというのも人気の理由だそうだ。

そして、レース鳩を約1億5900万円で中国人バイヤーが落札

1 2