1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

W杯日本開催前に見ておきたい!「ラグビー」が登場する名作ドラマ

2019年秋、ラグビーワールドカップが日本で開催。その前に見ておきたいラグビーが登場する名作ドラマ6作品。萩原健一『不惑のスクラム』、『キミに最後の別れを~永遠なれ ラグビーの青春~』、『花園オールドボーイ』、『スクール★ウォーズ』、『あさひが丘の大統領』、『われら青春!』。

更新日: 2019年03月30日

5 お気に入り 2420 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『キミに最後の別れを~永遠なれ ラグビーの青春~』(2019)

出演:東龍美、島田理史、有原遣智、佳久創、白土良介

1943年、京都で東京帝大と京都帝大の試合が行われた。学徒出陣も決まり、楕円球を追う喜びを戦争に奪われ、理不尽な運命と格闘した若きラガーたちの苦難と歓喜の青春物語を描いたドラマ。

久々に泣いた…東大ラグビー部の歌…心に響いた✨ キミに最後の別れを ~永遠なれ ラグビーの青春~ - NHK 昭和18年10月19日、東大と京大のラグビー試合が行われた。楕円球を追う喜びを戦争に奪われ、理不尽な運命と闘った若きラガーたちの苦難と歓喜の青春を描いたドラマ。 www4.nhk.or.jp/P5471/

今NHK BSプレミアムでやっている、 「キミに最後の別れを 〜永遠なれ ラグビーの青春〜」を見ているのですが、とてもいいドラマ。戦争に翻弄される若者たちを丁寧に、敬意をもって描いている。俳優さんたちの演技が誠実でいいな

キミに最後の別れを ~永遠なれ ラグビーの青春~ 戦争でスポーツをする事が出来ない!悲しい時代。 今の幸せに感謝。それにしても、昔の学生のエネルギーは、凄い。感動した。 www4.nhk.or.jp/P5471/

◆『不惑のスクラム』(2018)

原作:安藤祐介
脚本:櫻井剛
出演:高橋克典、渡辺いっけい、村田雄浩、徳井優、上杉祥三、松尾諭、高橋光臣、中村ゆりか、戸田菜穂、竹中直人、夏木マリ、萩原健一

刑務所から出所した丸川良平(高橋克典)は、死に場所を探して河川敷にたどり着いた。死を覚悟した丸川だったが、ラグビーチーム「ヤンチャーズ」を率いる老齢のラガーマン・宇多津貞夫(萩原健一)と出会う。

不惑のスクラムを最後まで見た。人生を不慮の事故で諦めた男が、ラグビーを通して、再生して行く話。色々、自分と重ね合わせて考えたり涙したり。何か変わらなくちゃと思える話で良いドラマでした。妻役の戸田菜穂さんも大好きな女優さんです。 #NHK #土曜ドラマ #不惑のスクラム #高橋克典 #戸田菜穂 pic.twitter.com/avFrjsKwrU

「#不惑のスクラム」DVD録画するために再視聴。ホント泣ける。今年一番のドラマと言っていい、うん。NHKドラマは民放ではあまり見られない実力派俳優もたくさん起用されている。演技の出来ない流行りの人を起用する売らんかな主義とは一線を画していると思う。

◆『花園オールドボーイ』(2014)

脚本:宇田学
出演: 麿赤兒、岡本玲、川崎亜沙美、妹尾和夫、川中美幸

東大阪市を舞台に闘病中の同級生のためにラグビーイベントを成功させようと奮闘する老人ラガーマンと周囲の人々を描く。

『花園オールドボーイ』*・感。゚(゚ノД`゚)゚。動・* 麿さんは現役ラガーマンの方から「筋がイイね~」と褒められ、「今さら筋がイイって言われてもなぁ。。。」と嬉しそうでした(´∀`*)ウフフ ラグビーの見方変わった❣❢ twitpic.com/dt06gq

麿赤兒のラガーマン。70歳とは思えない体の仕上がり。さすが大駱駝艦。ズキュンとやられました。大森家は次男坊よりお父様派です♡ 東大阪市全面協力のドラマ「花園オールドボーイ」川崎亜沙美もちょこっと出演。熱くて爽やかな作品。面白かった。 pic.twitter.com/XZ76vOjm2F

花園オールドボーイ観てる。ちょいちょい泣けるシーンが。全国放送してくれてありがとう!ラグビーのいいとこ満載(^.^) pic.twitter.com/oBaFpJjWR7

◆『スクール★ウォーズ』(1984、1990)

脚本:長野洋、大原清秀
原作:馬場信浩
出演:山下真司、松村雄基、岩崎良美、宮田恭男、伊藤かずえ、梅宮辰夫、和田アキ子、名古屋章

京都伏見工高ラグビー部の「全国優勝」までの7年間の闘魂をベースに脚色、“教育の理想”をも描く感動の青春ドラマ。ドラマ初主演の山下真司が熱血教師・滝沢役を熱演。大映テレビの“スポ根ドラマ最高傑作”と言われリクエストの多い人気作品。

@hasumi29430098 金八先生の第2作目、腐ったミカンでお馴染み、卒業式前の暴力の回で加藤も松浦も最後に金八に思いっきり、渾身の力で他の生徒や警察、そして加藤の母親の前で殴られたから、心から反省して泣いていたからね。スクールウォーズだってそう、『俺は今からお前達を殴る‼️』で、皆心から反省した。

#スクールウォーズ ONE FOR ALL , ALL FOR ONE ! 10月6日は、実は大好きな名作スクールウォーズの放送記念日。 34年前の1984年は中学生だったから、がっつりハマった! 今でこそネタにされたり、根性論・精神論などの象徴のように思われがちだけど、そんな甘っちょろいドラマじゃないんだよコレは! pic.twitter.com/UEkGOuGh1j

「スクールウォーズ」は名作。部活根性モノの最高傑作。山下真司の滝沢に強い影響を受けた。俳優も輝いていた。松村雄基・宮田恭男・イソップ。ラーメン屋の女将役の和田アキ子すらハマリ役だった。「HERO」ほどモチベーション掻き立てる曲は少ない。麻倉未稀よりボニー・タイラーの原曲が好き。

◆『あさひが丘の大統領』(1979)

脚本:鎌田敏夫、畑嶺明、大原豊
出演:宮内淳、片平なぎさ、秋野太作、藤谷美和子

朝日丘学園高校に、同校の卒業生でもある通称「ハンソク」こと大西元が英語教師としてやって来た。ラグビー部の副部長となったハンソクは、着任早々ラグビー部部長で生物教師の今井涼子と対立してしまう…。

60〜80年代はラグビーを題材とした学園ドラマが多かった 「青春とはなんだ」「われら青春」「あさひが丘の大統領」 #rugbyjp pic.twitter.com/Ij7RNXMGr8

ゆうひが丘の総理大臣も、名作熱血青春学園ドラマですけど、このあさひが丘の大統領も、名作です、私はどちらもいいです、ただこちらの方が放送回数が少ない気がします、宮内淳がボンが終わって間もない頃、1979年作品、第24話でロッキーゲスト pic.twitter.com/yacXnmtGHR

1 2