1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

趣味にはお金がかかる現実。。

乗り物は保険に加入してさらにメンテナンスなども必要なので、趣味として楽しむ以前に維持費だけでも高額になります。

それはたとえ独身であっても・・・

有名大学出身、公務員で高年収と、「スペック」は決して悪くないHさん。趣味も映画、歌舞伎、落語、ミュージカル鑑賞まで幅広いので話題に困らなそう

金銭感覚が乏しいことが結婚観の不一致の主要因となり、女性のハートをつかめないとのことでした。

実家暮らしで余裕のつもりが・・・

毎月25万円と給料の半分以上をレコードやライブにつぎ込み、独身生活を謳歌していた男性

実家暮らしでも給料の大半を趣味につぎ込んでしまっていたら、貯金はできない。

結婚しているとさらに厄介で・・・

「あなたの夫はお金のかかる趣味をもっていますか?」の問いには、53%が「はい」と回答。

「夫は鉄道模型が趣味で一部屋を丸ごと使ってジオラマを作るほどです。夫の趣味は尊重したいのですが問題は使う金額です」

「この話をすると夫は不機嫌になるので話し合える状況ではありません。このまま浪費癖が治らないなら離婚を考えたい」

「収集癖がある夫はカメラやレンズをいくつも買い漁っています。どうしたらやめてもらえるでしょうか?」

ある種の薬物依存のように例えられることもあるレンズ沼だが、薬物以上にどんどん欲するレンズの単価が上がっていく

「このまえ高い釣り竿を買ってきたと思ったら、今度はリール。膨大な数のルアーに、何着ものウェア…」

初心者用のものなどで釣れるものは限られており、はまるとどんどん道具をグレードアップしたくなるのだとか。

奥さんがやりくりをがんばっているのに貯まらない。そんな家計を診断すると、ほぼ間違いなく夫が無駄づかいしています

子ども時代の育ちが影響してる説

厳しい両親に育てられたようで、大人になって一人暮らしになり、その解放感が散財の根源となっていたようです。

大学生や社会人になってから自由を手にし、歯止めが利かなくなってしまったのかもしれません。

男性はストレス発散があまり上手ではないので、家族からも離れて頭を空にできる時間がないと気持ちの切り替えが難しい

1 2