1. まとめトップ

ファンと「つながり」が12人も..調査で分かったNGT48の闇が深すぎる

NGT48の山口真帆さん暴行騒動、第三者委員会の調査報告書で明らかになった事実にネットで反響

更新日: 2019年03月22日

1 お気に入り 14578 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

NGT48の山口真帆さん暴行騒動、第三者委員会の調査報告書で明らかになった事実にネットで反響

solmesさん

▼新潟を拠点とするアイドルグループNGT48

NGT48(エヌジーティー フォーティエイト)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本の女性アイドルグループ。

シングル「青春時計」でメジャーデビューし、オリコンランキング1位を獲得。

▼NGT48メンバーの山口真帆さん暴行騒動が大きな話題に

NGT48のメンバー、山口真帆(23)の新潟市内の自宅に、昨年12月に男性が無断で訪問し、暴行の疑いで逮捕されるトラブルがあった

山口の自宅を割り出して3人で訪問したが、驚いた山口が大きな声を出そうとしたため、2人が口を手でふさごうとしたことで、駆けつけた警察官に逮捕された

一部メンバーの関与も明らかになり、現在は第三者委員会による検証が行われている

▼この問題でNGT48の活動に大きな影響が・・・

問題を巡っては、運営側への対応などに批判が高まり、新潟県内の企業がテレビCMの放映を休止。

テレビ新潟のNGT48冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』(毎週月曜24:59~25:29)が、3月末で終了

▼21日、第三者委員会による調査結果が明らかに

AKSは21日、NGT48のメンバー山口真帆(23)に対する暴行被疑事件に関し、第三者委員会による調査報告書を同グループの公式サイトで公開

第三者委員会は「ファンが山口さんの顔面をつかむ暴行を行った事実が認められる。ただ、NGT48のメンバーで本件に関与した者がいたとは認められなかった」としています。

▼メンバー36人中、12人がファンと「つながり」があった

弁護士3人による第三者委員会は、山口や他のメンバーらに対し、面談や書面による調査を行った。

メンバーからの事情聴取の結果、確たる証拠はないものの、ファンから聞いた、あるいは、メンバー内の噂として聞いたとして、36名のメンバーから、他のメンバーとファンとの『つながり』に関する供述があった。

委員会は「噂レベルではなく、事実として垣間見ることができた」とファンとの関係について問題視した。

・運営は「風紀の乱れについては不問」の判断

「メンバーが私的領域におけるファンとのつながりがあったことが挙げられており、当社としても、私的領域におけるファンとのつながりは、特定のファンを優遇する行為として、不適切だと考えております」との見解を示した。

1 2