1. まとめトップ

【野菜の漬物】簡単レシピを紹介!漬物の乳酸菌や成分とは?

意外に知られていない漬物の乳酸菌パワーや成分。最近では、漬物を自分で漬ける人が増えてきたこともあり、その栄養価と効能に大きな注目が集まっています。この記事では、野菜の漬物がもつ成分や乳酸菌の効能、簡単に作れる漬物レシピをまとめました!

更新日: 2019年03月22日

1 お気に入り 859 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

漬物は作るのに手間がかかりそう、、、いやいや、意外と簡単でした。

neeeiu872hiさん

野菜を漬物にするとどうして長期保存できるの!?

日本人は昔からの知恵で野菜を漬物にして長期保存してきました。たくさんの野菜を一度に収穫して、食べきれない分を漬け物にすることで、野菜があまり収穫できない冬の栄養源として栄養分を補ってきたのです。

最近では、自家菜園が人気で漬け物やドライフードを作る人が増えてきています。乾燥した冬の季節には、漬け物や干し野菜は日本の風土にも合っていると言えるでしょう。

これは塩分が関係しています。〔中略〕
塩分を加えられた野菜は細胞の中の水分を排出します。

野菜の細胞内の水分は細胞の活動を促して腐敗菌を生み出すので
水分が抜け出すと言うことは腐敗を防いでくれると言うことになります。
 だからこそ漬物にして保存していたというわけですね!

野菜の漬け物に含まれる栄養素とは?

「お店で買う漬け物は、添加物など成分が気になる」という人に人気なのが、自宅で簡単に作れる野菜の漬け物です。自分で野菜の漬け物を作る前に、漬け物にふくまれる栄養素を知っておくと、よりモチベーションが上がりそうですね。

しかし、漬け物としてたった一晩漬けておくだけなら、熱を加えることもないので、ビタミンを失うこともなく、発酵菌によって漬け物には多種多様なビタミンを備蓄されます。
これがまさに「漬け物はビタミンの王様」と言われる所以です。

近年、カルシウム不足のため、病弱体質が増えているといわれています。漬け物は野菜が材料ですから、野菜がもっているカルシウム、カリウム、鉄などを豊富に含み、これらミネラルの補給に役立ちます。

野菜の漬け物を充分に食べて、カルシウム不足を解消しましょう。

野菜の漬け物に含まれる乳酸菌とは何?

野菜の漬け物には、乳酸菌が含まれていますが、チーズやヨーグルトといった食品い含まれている乳酸菌とは少しタイプが違うようです。

乳酸菌は大きく分けると二種類います。
ヨーグルトやチーズ等の動物性の母体で発酵を行うものを動物性乳酸菌と言い、漬物やお酒など、植物を母体に発酵を行うものを植物性乳酸菌と言います。

ですので、漬物に含まれる乳酸菌は植物性乳酸菌なんです。

乳酸菌の基礎知識では乳酸菌のほとんどは腸に届かず死んでしまうと書きましたが、植物性乳酸菌はなんと生きたまま腸まで到達します!

その理由は植物性乳酸菌の強さにあります。人間の胃の中は平均して酸の度合いがph3程度と言われておりますが、それくらいの環境であれば生存し、腸まで到達します。

野菜の漬物による乳酸菌の効果とは?

腸まで生きたまま到達してくれる乳酸菌が野菜の漬け物から簡単に摂取できるのは便利ですね。腸内の健康を保つにも良さそうです。

しかしもう一方の「植物性乳酸菌」はもともと野菜に含まれているものであり、野菜を塩やぬかで発酵させることにより野菜に含まれるオリゴ糖が分解され、植物性乳酸菌がさらに増えていきます。

体内に入った植物性乳酸菌は乳酸などの有機酸をつくりだし、悪玉菌をやっつけてくれます。それにより便秘を改善し、免疫力の向上、肌荒れの改善、ダイエット効果を高めてくれます。

簡単に作れる漬物レシピ①:塩漬けのきゅうり

シンプルで簡単につくれる漬物といえば、やはり「塩漬け」です。そのなかでもきゅうりはとてもオーソドックスで、簡単に作れそうですね。

材料
・きゅうり  2本  
・砂糖    30g
・塩     10g  
・からし   4g(目安として納豆添付のからし3~4袋です)

作り方
①きゅうりの両端を切り、切った部分同士をこすり合わせてアクを抜きます
②材料のすべてをポリ袋に入れてきゅうりをもみましょう
③表面がなじんだら袋の空気を抜いて縛ってから冷蔵庫に入れます
④丸1日(または2日)冷蔵庫に置いたのち洗い流して好みの形に切れば完成です

簡単に作れる漬物レシピ②:塩キャベツ

塩キャベツは、簡単に作れてお酒のおつまみにもなるので人気があるようです。居酒屋ややきとり屋などでも定番のメニューですね。

キャベツ300~400gを洗い、食べやすい大きさに刻みます。

刻んだキャベツをポリ袋に入れ、「塩キャベツの素」小袋1袋(13g)をふりかけ、よく混ぜ合わせます。

ポリ袋の空気を抜いて、袋の口をしばります。冷蔵庫でお好みの時間置いたらできあがりです。

漬け込み時間により、いろいろな触感が楽しめます。

0分→→→→30分→→→→2時間→→
パリッと  サラダ風    しんなり

洗わずにそのままお召し上がりください。

簡単に作れる漬物レシピ③:白菜の漬物

1 2