1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼マジうまい!コロッケにはやっぱり醤油!

▼カレーに醤油…と言う人もいるくらいコロッケに醤油の人は多い!

日本各地において地域性の違いにより、醸され方、風味、好み、さらには使い方にも差異が生まれ、それが地域の食文化として定着

外はサクッと、中はホクホクでアツアツ!
揚げたての手作りコロッケのおいしさは格別

家で作る素朴なコロッケが好きなんだぁああぁ!醤油かけて食べたいー

昨日の打ち上げの手作りコロッケ‼️美味かったぁ〜ソースより醤油が良く合う一品でしたぁ〜 pic.twitter.com/6Wek9BDMok

今日はおからコロッケ。 尚子さんからいただいた、こだわりのおから。揚げ物にすれば、子供たちが大量に食べてくれるかな? いつもの通り、製造能力をフル稼動させて大量のおからコロッケを生産しました。(笑) 干し椎茸と鰹出汁の和風で味付け。醤油が合うコロッケに。 #父ちゃんごはん pic.twitter.com/tXRymYVClg

▼実は、ソースにはない味を出せるのが醤油の魅力!

▼そこでオススメしたいのが、味付けに「甘口醤油」を使うこと。

無添加志向が強まる最近では、甘味料を使わずに特別な製法によって作る“無添加の甘口醤油”も登場してきています

甘口醤油をかけて食べてももちろんおいしいけれど、タネに甘口醤油を使うのが◎!

醤油は日本農林規格(JAS規格)で5種類に分類されていますが、九州はその中では主に、濃口醤油、薄口醤油、再仕込み醤油を生産

九州など南に行くほど甘さが増します。「気温が高ければ高いほど、人間は生理的に甘いものを欲する」のが要因とする説があります

この前さ~コロッケに熊本の甘口醤油かけて食べたらさ~~どちゃくそ美味いの~召されるかと思った。ホシサン醤油天才かよ~~~。

1 2