飯島勲内閣官房参与は「週刊文春」の連載「激辛インテリジェンス」(2013年11月14日号)で、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手が01年、04年に、当時の小泉純一郎首相から授与を打診された国民栄誉賞を辞退した時の裏話を明かしている。

出典イチロー国民栄誉賞辞退の裏話 「鈴木一朗です」本人が官邸に電話していた : J-CASTニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

イチロー遂に引退へ…過去に二度辞退した「国民栄誉賞」の受賞が、遂に現実味を帯びてきた!!

イチローが遂に引退しました。メジャーで過去最高安打をたたき出した選手は、最後の年は0安打に終わりました。これも最強の選手の宿命といえそうですが、当然これだけの選手だから国民栄誉賞の話が再び出てきました。平成最後か、新元号最初の受賞者になるのかが見ものですよね!!

このまとめを見る