1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

きっかけは東京新聞の報道ツイートで、秋田県の会社が温泉水を使って毒のないフグを養殖しているというニュース。

ホテルを運営する秋田県の会社が、岩手県雫石町で温泉水を使って #トラフグ を育てています。さし身やちり鍋にして宿泊客に出し、好評です。フグの毒は海で食べる貝や海藻がもとになるとされ、温泉水育ちのフグは毒がなくて、安心といいます。tokyo-np.co.jp/article/educat… pic.twitter.com/ialCgmwvRc

Twitterでは他にも“流行のフグ”として、さまざまなイラストなどが投稿されており、中には同画像を含む“不遇なフグ”の姿に「かわいい」「癒やされる」の声も上がり、フグ自体がじわじわとブームになっているようです。

▼ その他、SNSにアップされた「不遇なフグ」作品

もう100万回くらい描かれてTLが埋まっても良い頃なのに一向に流れてこないので自分で描きました pic.twitter.com/Fbe4dR8M6j

水を吐きまくるフグです。ガラス製。 頭の穴をふさぐと水が止まります。書道具の水差として使えます。多分。 つい出来心で…ちょっと調整していくつか作って夏の展示に出そうかな。 #水を吐くフグ #フグ #ふぐ #水差 #ガラス #ボロシリケイト pic.twitter.com/DjXV9ffXrt

最近「シワシワピカチュウ」と「不遇なフグ」がマイブームすぎて融合した。 pic.twitter.com/wxnuNQ3Omk

不遇なフグで検索するとおもしろいフグの画像が見れるのでオススメ pic.twitter.com/iGF86Zgjmg

例のフグのやつで、『ミニクーちゃんが水を吐いたらきっと可愛いのではと思った』等と供述しており、 pic.twitter.com/fybmsVkvEk

1