1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

8時間ダイエットを始めようと思い、たくさん調べたのでまとめました

tkhrhrkさん

8時間ダイエットは、簡単に言うと「8時間だけ食べて、それ以外の時間は水分だけ摂る」
参考 https://dietbook.biz/8h-2774.html
8時間ダイエットとは?

8時間ダイエットの発祥

8時間ダイエットはアメリカ発祥のダイエット方法でDavid Zinczenko氏とPeter Moore氏が発表したものです。
著者によると、食べる時間が長いと食べたものが消化しきれずに、脂肪に変わってしまうといいます。
また、アメリカで肥満が増えた原因は、夜ふかしによって食べる時間が増えたことだと述べています。
現代人は生活は消化機能のリズムを無視しているために、ホルモンの乱れや酵素の働きがうまくいかない状態になっているそうです。この消化機能のリズムを正常に戻すことが目的です。

8時間ダイエットとは

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットの効果は、体重を減らすことができ、胃腸の働きがよくなることがあります。
8時間でその日の食事を済ますということは、一日2食になります。
まず、それだけで1食分の摂取カロリーを減らせるので、継続すれば確実に体重は減ってきます。
それから、残り16時間食事をしないので、消化器官をゆっくりと休ませることができます。
これが消化と排せつ器官を正常化させ、便秘の解消につながるのです。
私達の体は、消化吸収をしている時かなりの体力を使います。そのため、8時間ダイエットを習慣化すると、朝の目覚めがスムーズになり、昼間の眠気やだるさが解消されていきます。
そして、胃腸が健康になるので太りにくくなってくるのです。
このように、8時間ダイエットは一種の健康法ともいえます。

8時間ダイエットの効果

私たちの体内では、酵素を作り出しています(潜在酵素)。この酵素には、「消化酵素」と「代謝酵素」があります。
消化酵素は、食べ物を消化し体内に吸収するために必要なもの。

代謝酵素は、新陳代謝の促進、有害物質を除去、免疫力の強化などの働きがあります。
この2つの酵素は、消化酵素が優先的に使われる傾向があります。
つまり、胃の中に食物が入っていると、消化酵素が作られ代謝酵素は減少します。つまり代謝が悪くなってしまうのです。
8時間ダイエットでは、16時間食べない時間があるので、胃の中が空っぽの状態ができます。
これによって、消化酵素が使われずに済むので、代謝酵素が使われ代謝促進、脂肪燃焼しやすくなります。

8時間ダイエットと酵素の関係

食べられない時間が大切!

食べられない時間は、水やお茶など水分をこまめに飲むようにしましょう。
目安は1日2リットルです。これは、代謝・排泄を促す効果があります。
また、水分補給により空腹を和らげてくれる効果も期待できます。

水分を2リットル飲む

食べない16時間に飲んで良いもの

8時間ダイエットでは、時間外に胃腸に負担のかからない飲み物は摂っても大丈夫です。
糖分やカロリーがあるジュースや清涼飲料水は時間外では飲まないようにします。
また、糖質やカロリーがあるアルコールは、8時間ダイエットの時間内に飲むようにします。
もちろん、飲み過ぎはダイエットには逆効果であり、健康的にもよくないのでおすすめできません。
温かい飲み物は一気に飲めないので、ゆっくり飲んでいるうちに気分が落ち着き満足感がアップします。

8時間ダイエットのコツは飲み物を飲む

飲んで良いコーヒーはブラックだけ

コーヒーに含まれるカフェインは、脂肪の分解を早めてくれたり交感神経を活発化させてエネルギー消費を助ける働きをします。
また、リラックス効果もあるのでダイエット中のストレスの軽減にも役立ちます。
目安として、一日3杯までなら8時間ダイエットの効果を高めてくれます。
それから、砂糖やミルクはなるべく使わないでブラックで飲みます。
砂糖やミルクでカロリーの摂りすぎになる心配があります。
さらに、砂糖やミルクはカフェインの脂肪燃焼効果を打ち消す作用があります。
8時間ダイエットを成功させるには、コーヒーの飲み方が大事になってきます。

コーヒーは飲める?

カフェインは交感神経を活発にする働きをします。
交感神経が活発になると血糖値が上がり食欲を抑えることができるんです!
コーヒーに含まれるカフェイン。カフェインが中枢神経を刺激することで分泌されるカテコールアミン。
このカテコールアミンには、体内に蓄積された脂肪をエネルギーとして消費・燃焼させる作用があるんです!
ついつい小腹がすいた時にお菓子に手が伸びてしまうそこのあなた。
ついお腹が減って冷蔵庫を開けそうになったら、いつもより少し濃いめのコーヒーをいれてみてはいかがでしょう。ただし、「ブラック」で飲んでくださいね。

ダイエットのコツはコーヒー?意外な効果が?

睡眠時間は7時間を目安に

睡眠をしっかり確保することで、食欲抑制ホルモン「レプチン」が多く分泌されます。一般的には7時間睡眠が良いとされています。
逆に睡眠不足になると、食欲増進ホルモン「グレリン」の多く分泌されます。
しっかり寝ることは、辛い空腹を和らげてくれる方法の一つです。
また、食べられない16時間のうち睡眠7時間に費やせば、効率よく過ごすことができます。

7時間睡眠で食欲抑制

失敗しないようにするには

「8時間内だったら何を食べてもいい=暴飲暴食」ではない
  →砂糖入りのコーヒーや清涼飲料水を飲みすぎない・いつもと同じか少なめにしたカロリーを摂取するようにする
「食事の制限をしすぎて野菜を十分に摂らなかったり、水分不足で便秘になってしまう」
  →食物繊維をしっかり摂るためにも、野菜を含むバランスのとれた食事を心掛ける
「食べられない時間がストレスになってしまい、過食に走ってしまう」
→16時間の間の過ごし方にそれぞれに合った工夫が必要

また、リバウンドを防ぐためにも、ストレッチやウォーキングなどの有酸素運動をダイエットと並行してやると、太りにくい体になる

参考 
https://dietbook.biz/8h-2774.html 痩せないという声も...
https://bi-diekko-chan.com/koso/3956/ ストレスで過食してしまう
https://dietsite.biz/8jikandiet-142.html 痩せないという声は?

今回訪れたサイト

1