1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

日々進歩していく中で生活の一部になっているPCやスマホのショートカットを今回はご紹介して行きます!

PC初心者は特に必見!PCのショートカット!

1. ctrl+Z
直前の操作を取り消すショートカットです。基本中の基本なので、誰もが使ったことがあるでしょう。スマホの「シェイクで取り消し」機能はこの代替として用意されたものですが、必要ないときに動作してしまうのが困りものです。

あ、間違えてデータ消してしまった時に便利かも、、

2. ctrl+Y
操作の取り消しを取り消します。アルファベット順でZの前に当たるYが割り当てられているのは、そういう理由です。

先ほどのショートカットで「やっぱり消去でいいや」って時に使えますね!笑

3. ctrl+X、ctrl+C、ctrl+V
カット、コピー、ペーストです。スマホの場合、画面を長押しするとペーストメニューがポップアップするようになっていますが、だいたい失敗してやり直すことになるので、毎度ため息をついてしまいます。

筆者もお世話になっています。

4. ctrl+K
たいていのテキスト編集ウィンドウにおいて、選択したテキストをリンクに変えてくれます。URL全体をテキスト本文に長々と入れずに済むので、文章をすっきりさせることができます。

ううん、いつ使うのか、、。

5. cmd+スペース
MacOSで、Spotlight(または代わりにインストールしたランチャー)を開きます。初心者向けのターミナルのコマンドラインといったところでしょうか。もっと早くこれを知っていれば、私の人生は変わっていたでしょう。

Windows愛用の方、私はMacですが使ったことはないです!

6. cmd+shift+4
WindowsにもMacOSにも、画面キャプチャのショートカットが複数用意されています。画面全体、画面の一部、またはウィンドウをキャプチャし、クリップボードやファイルに保存できます。Windowsの場合、Windowsキー+Hを押すと、画面をキャプチャしたのち、シェアメニューが開きます。それぞれ好みがあると思いますが、私が個人的に好きなのが、cmd+shift+4。Macでこれを押すと、特定のエリアのスクリーンショットを撮り、デスクトップにファイルとして保存してくれます。いかんせん押しにくい組み合わせではありますが、筆者の小さい手でも無理なく届く範囲です。

スマホでいうスクリーンショットです!

7. cmd+`
Macでは、同じアプリケーション内の複数ウィンドウをスイッチします。Windowsの場合、『Easy Window Switcher』というバックグラウンドアプリをインストールすれば、alt+`で同じことができます。タブキーのすぐ上にありながらほぼ使い道のないキーを使わせる、巧妙なアイデアといえますね。

、、、では次!!笑

8. ctrl+F、ctrl+G
キーボードで検索をはじめるなんてクールじゃないですか? 検索結果をキーボードで切りかえるなんて、もっとクールじゃないですか?

この言い回し方、筆者好みです。。

9. ctrl+T
タブを新規作成します。タブなのでT。わかりやすいので覚えやすいですね。キーボードから手を離さずに新しいURLを打てるなんて、最高じゃないですか。

調べ物する方にとってこれはいいのでは!

10. ctrl+tab
タブを切り替えます。有名ですね。ctrl+shift+tabで戻れますが、指の動きが不自然で、時間の無駄です。何でもかんでも最適化すればいいってものではありません。

いきなり辛口なコメント笑

11. shift+cmd+I
私オリジナルの、Macのカスタムショートカットです。「プレビュー」アプリで、画像のサイズ変更を割り当てています。オリジナルのショートカットがこのリストに載るなんて感激です。

嬉しそうでなによりです笑

12. ctrl+N、ctrl+O、ctrl+shift+N
「ファイルの新規作成」と「ファイルを開く」は、不可欠だけど退屈です。でも、3つ目のショートカットは、アプリによって「フォルダの新規作成」「スマートプレイリストの新規作成」など、かっこいい操作を実行してくれます。

サラリーマンの方はお世話になってそう、

13. Windowsキー+D
すべてを最小化します。最小化は人生においても重要ですし、デスクトップをスッキリさせるのにも役立ちます。Macにも似たようなショートカットはあります。Cmd+option+Hで、現在のウィンドウ以外を最小化します。つまり、デスクトップをクリックして、Finderが開いていない状態でれば、すべてのウィンドウを隠すことができます。

なんかすごそう、、

14. cmd+H
Macでは現在のウィンドウを隠します。ウィンドウを戻すには、cmd+tabで。

どう使おうか。

15. alt+矢印キー
ブラウザの閲覧履歴で「前へ」「次へ」移動します。Chromeがバックスペースで戻る機能をなくしたのは正解でした。Flashゲーム中に間違えて閉じてしまう人が続出でしたから。

そんな危険なショートカットが!!笑

16. cmd+S
数年前なら「ファイルを保存」するショートカットは第1位に輝いていたことでしょう。でも今やすべてが自動保存の時代なので、あまり使う必要がなくなりました。では、もっとクールなショートカットをお教えしましょう。PhotoshopでCtrl+alt+shift+Sを押すと、プロジェクトを画像として保存できますよ。

前まで現役のショートカットだったようです。

17. ctrl+shift+T
閉じたタブを再び開きます。素晴らしい機能ですが、キーの並びは最悪です。ただ、このキーを押すには、左手を伸ばすか、右手をマウスから離して両手を使わなければなりません。ctrl+Tのアドオンであることは理解できますが、このアクションにはFキーを割り当てるべきだったのではないかなぁ。

確かに押しにくい、、、

18. alt+tab
Dockあるいはタスクバーのアプリを切り替えます。でもなぜか、開きたいアプリを通り過ぎてしまうか、ちょっと手前で止めてしまうのがオチ。けっきょく、仕事を進めることよりも、狙い通りのアプリを開くことに集中しなければならないのが残念です。

狙い撃ちしなければなんて、それは難易度の高いショートカットだ。。

19. alt+F4
非常に理解しがたい組み合わせの、アプリを閉じるショートカットです(Macはcmd+Q)。でも、そのおかげで間違えてアプリを閉じてしまうことがないので、きっといいことなのでしょう。

確実に仕留めれますね。

20. ctrl+alt+del
かつては再起動でしたが、その後ログインを意味するようになりました。今ではデフォルトで無効になっており、Googleで「ctrl+alt+del」を検索すると、最悪のウェブコミックがトップで出てきます。

再起動はあまり使いたくないですね、、、面倒ですし。

ちょっと休憩!

ここで一旦休憩!ってことで、可愛いハムちゃんをご用意しました!

これよりスマホのショートカットをご紹介します!

スマホのショートカット!

後半戦はスマホのショートカットです!スマホユーザーも増え、既にご存知のものもあるかとは思いますが、ご了承ください。

例えば毎日のように利用しているウェブサイトがあったとして、アクセスする場合は通常、

ブラウザのアイコンをタップ
ブックマークのアイコンをタップ
ブックマークからアクセスしたいサイトを選んでタップ
という3つのステップが必要になります。

一方、「ショートカット機能」を利用すると、

ホーム画面にあるアクセスしたいサイトのアイコンをタップ
たったこれだけですぐにブラウザが起動してそのページにアクセスされます。

時刻表の様な頻繁にチェックするのに便利な機能ですので、スマートフォンをお持ちの方はぜひ活用してみてください。

iPhoneは、webを開いて、画面下部の中央、四角から上矢印のアイコン>ホーム画面に追加>右上の追加です。

androidも似たような感じで、webからメニューを開き、ブックマークを保存>追加先をホーム画面に設定です。

1 2