1. まとめトップ

松坂、ダルビッシュ、大谷…刺激を受けた「イチローから貰った言葉」

シアトル・マリナーズの #イチロー ( #Ichiro )外野手が引退を発表。日本のみならず、アメリカでもイチローから刺激を受けた人たちからのコメントが続々と寄せられていました。

更新日: 2019年03月23日

3 お気に入り 6573 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

レジェンドだからこそ響く言葉の数々

nyokikeさん

▼メジャーリーガーのイチロー外野手が引退を発表した

米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)=本名鈴木一朗=が21日、都内ホテルで会見を開き、現役引退を発表した。200人を超える報道陣が集まった中、日米で活躍したプロ野球界のレジェンドは、「きょうのゲームを最後に現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました」とユニホームを脱ぐことを表明した。

・各紙一面で報じたイチロー選手の引退、国民栄誉賞や大リーグでの殿堂入りも検討されている

記者投票で決まる殿堂入りの条件は通算300勝、3千安打や500本塁打などが目安。イチローは2001年、最優秀新人とMVPを同時受賞して鮮烈なデビューを飾り、3089もの安打を積み上げた。

シーズン262安打、10年連続200安打などのメジャー記録で、1世紀超の歴史を誇る野球の母国に金字塔を打ち立てた。25年に殿堂入りの候補者資格を得る予定。

菅義偉官房長官は今後、国民栄誉賞授与を検討していく考えを示唆した。「国民にそうした声があることは十分認識しているが、現役引退を公表されたばかりであり、現時点では何も決まっていない」とした。一方で「数多くの輝かしい記録を樹立し、日米の野球ファンを魅了した」と評価した。

▼日米で名勝負、そして共闘した松坂大輔投手のコメント

イチローとは、松坂が新人時代の1999年5月16日に初対戦し、1打席目から3打席連続三振。試合後に語った「今まで自信を持てなかったけど、きょうで自信から確信に変わったと思います」のセリフは今でも語り継がれる。WBCでは2006、09年大会でともに日の丸を背負い、日本を連覇に導いた。

イチローさんと何度も対峙出来た事、オールスターや日の丸を背負い同じチームでプレー出来た事、同じ空間で過ごし、色々な話が出来た事全てが特別な時間でした。プロ入り前からその姿を追いかけ、イチローさんがいたから今の僕が在ります。

日本での開幕戦も2試合見ていたそうです。

今は感謝の気持ちをとにかく伝えたいです。長い間、僕たちの目標で在り続けていただき本当にありがとうございました!そしてこれからも僕の目標である事は変わりません!

メールでも伝えましたが色々と話したい事、聞きたい事があるのでまた今度食事に連れて行って下さい!

▼ヤンキース時代にチームメイトだった田中将大投手も刺激を受けていました

ヤンキースの田中将大投手(30)は21日(日本時間22日)、イチローの引退表明を受けて「どう、この気持ちを伝えればいいのか…。時の流れを感じるし、ついにこの時が来たのかという印象です」と、揺れる胸中を明かした。

2009年のWBCではともに戦い世界一に貢献した。メジャーに移籍した14年はヤンキースでチームメートだった。ポジションは違えどレジェンドの背中から大きな刺激を受けてきた。

イチローさんとは2009年WBC、そしてヤンキースでチームメイトになった時、現実ではないような気がしました。それぐらい、イチローさんは僕の中で偉大であり、雲の上の存在でした。

続】わずかな時間でも同じチームで一緒にプレーできたこと、そして対戦相手として勝負する事ができたこと、とても光栄に思います。現役生活、本当にお疲れ様でした。

「一緒のチームでプレーしたり、メジャーの舞台で本気で対戦できたり、今でも思い出に残っている」と話した。

▼イチロー選手に何度も驚かされた体験を語ったダルビッシュ有投手

初対戦は日本ハム2年目の2006年、ヤフードーム(現ヤフオクドーム)で行われたWBC日本代表の壮行試合。

2006WBC壮行試合、当時2年目でイキってた自分を強烈なライト前で瞬殺したこと、メジャー初被安打を打たれたこと、2009WBCで勝ち越しタイムリーを打った場面、見逃し三振を取れたこと、食事に連れて行ってもらったこと、 続く

メジャー初安打を許したのはイチロー。デビュー戦の12年4月9日の初回一死一塁だった。「いきなり詰まって、レフト前に。インハイの厳しいところの96マイル(約154キロ)で、打ち取ったと思ったけど、でもそれがヒットになっちゃった。あ、こうやって、ヒットになっている投手が結構いるんだなって思ったのを覚えている」

1 2 3