1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

浅利陽介から泉澤祐希まで!春ドラマで注目したい「子役出身」俳優

「子役は大成しない」と言われたのは今は昔。現在では若き演技派として大活躍する俳優が多数。2019年4月期春ドラマには、泉澤祐希『わたし、定時で帰ります。』、萩原利久『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』、浅利陽介『執事 西園寺の名推理2』、中川大志『なつぞら』らがいる。

更新日: 2019年04月04日

5 お気に入り 26526 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『わたし、定時で帰ります。』(火曜夜10時、TBS)

「残業ゼロ!」「定時で帰る!」がモットーの会社員・結衣(吉高)が、くせ者社員たちが抱えるさまざまなトラブルを解決していく姿を描く。

脚本を手がけるのは、「夜行観覧車」「リバース」でもタッグを組んだ奥寺佐渡子と清水友佳子。「逃げるは恥だが役に立つ」の金子文紀と「中学聖日記」の竹村謙太郎が演出を担当する。

・主人公が教育係となる新人役に、天才子役だった泉澤祐希

『アンナチュラル』(2018)

殺された妻の復讐をする夫役を熱演した泉澤

結衣が教育係として面倒をみるが、二言目には「辞めたい」と言うやる気ゼロの新人・来栖泰斗役に泉澤が名を連ねた。

泉澤は、幼少期より子役としてテレビを中心に活躍。『白夜光』(2006年)では山田孝之の子供時代を、『モテキ』(2010年)では森山未來の中学時代を演じるなど、天才子役として様々なドラマに出演してきた。

主な出演作に【映画】『サバイバルファミリー』『君と100回目の恋』【ドラマ】『アンナチュラル』 『表参道高校合唱部!』『白夜行』『ひよっこ』『マッサン』『花燃ゆ』『モテキ』など。

◆『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(木曜深夜1時、テレビ東京)

“悪のビデオガール・神尾マイ”と、彼女によって道を踏み外していく少年の姿を描く。高校生・叶野健人は、学校の放送室でビデオテープを発見し、再生すると神尾マイと名乗る少女が突然画面から飛び出してくる。

前作の脚本・喜安浩平、監督・関和亮、真壁幸紀に加え、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の湯浅弘章とドラマ『忘却のサチコ』(テレビ東京系)の山岸聖太が本作を手がける。

・子役で『めちゃイケ』にも出演していた萩原利久が連ドラ初主演

『3年A組~今から皆さんは、人質です~』(2019)

キーマン生徒の一人を演じた萩原

萩原利久:2008年に子役としてデビュー。バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』でオカレモンJr.として活躍。

最近は『ちはやふる』『3月のライオン』『帝一の國』『あゝ、荒野』「グッド・ドクター」など活躍著しく、2019年には『十二人の死にたい子どもたち』『あの日のオルガン』『アイネクライネナハトムジーク』と話題作ばかりが待機。

◆『執事 西園寺の名推理2』(金曜夜8時、テレビ東京)

2018年4月期に放送された上川隆也主演のシリーズ第2弾。資産家・伊集院家に仕える万能な執事・西園寺(上川)が事件の謎を解き明かす痛快ミステリー。

ハウスキーピングだけでなく、幅広い知識を持ち格闘技にも精通する西園寺が、仕える奥様・百合子の要望に応えるべく事件を独自に捜査する。

昨年4月期に放送された前作では八千草薫が演じた“奥様”伊集院百合子役を、シーズン2では吉行和子が引き継ぐ。

1 2