1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

“歳の差”愛『リヴァプール、最後の恋』も!今週末公開の「おすすめ映画」

2019年3月第5週末公開の「おすすめ映画」5作品。『ダンボ』、『記者たち 衝撃と畏怖の真実』、『ショーン・オブ・ザ・デッド』、『レゴ(R) ムービー2』、『リヴァプール、最後の恋』。

更新日: 2019年03月27日

5 お気に入り 10195 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ダンボ』(3月29日公開)

1941年製作のディズニー・アニメの古典的名作「ダンボ」を、「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督のメガホンで実写化したファンタジーアドベンチャー。

空を飛ぶ力を悪用しようとする人々によって母親と引き離されてしまったダンボと、心やさしきサーカス団の人々が繰り広げる物語が描かれる。

『ロブスター』などのコリン・ファレルをはじめ、バートン監督の『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』に出演したエヴァ・グリーン、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのマイケル・キートンらが出演している。

@disneystudiojp ダ、ダンボたん、、愛しすぎる(;´༎ຶД༎ຶ`) ダンボといえば親子愛ですね(;´༎ຶД༎ຶ`) お母ちゃんも一緒に観に行きますね(;´༎ຶД༎ຶ`) #ダンボジャパンプレミアご招待

#ダンボジャパンプレミアご招待 「チャリチョコ」や「ビッグフィッシュ」などいつもファンタジックな感動作を生み出しているティムバートンが大好きなので、小さい頃の思い出の一作「#ダンボ」が彼によって実写化されるなんて、今から傑作の予感しかないです。

◆『レゴ(R) ムービー2』(3月29日公開)

世界中で親しまれるブロック玩具の「レゴ」を題材にアニメーション化し、大ヒットを記録した「LEGO(R) ムービー」の続編。

謎の宇宙人に連れ去られた仲間と日常を取り戻すため、おバカな青年エメットが宇宙船で冒険の旅へ繰り出す。

監督は「シュレック フォーエバー」「トロールズ」のマイク・ミッチェル。前作を手がけたフィル・ロード&クリストファー・ミラーが製作・脚本。

先日ご招待いただいて #レゴムービー2 の試写を見せていただいて来ました。>RT 前作同様子供向けの仮面を被ってるにも関わらず、容赦の無いハイブロウな映画パロディも満載で、子供やLEGOファンでなくとも楽しめる怪作でした♪

レゴムービー、レゴバットマン ムービーはレゴということで子供向けのイメージがあるかと思いますが子供から大人まで楽しめる映画です むしろあるでは意味大人向けな作品かもしれません 3/29に続編のレゴムービー2が公開されますのでこの機会に是非ご覧になってみてはいかかでしょうか #DCアンバサダー

◆『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(3月29日公開)

「スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナーが、イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた記者たちの奮闘を描いた実録ドラマ。

記者たちを、『スリー・ビルボード』などのウディ・ハレルソン、『X-MEN』シリーズなどのジェームズ・マースデン、『ハリソン・フォード 逃亡者』などのトミー・リー・ジョーンズが演じるほか、ジェシカ・ビール、ミラ・ジョヴォヴィッチらが共演。

モデルになった記者たちが撮影現場でアドバイザーを務め、記者たちの苦難に満ちた戦いをリアリティたっぷりに描き出す。

『記者たち 衝撃と畏怖の真実』試写、糞ブッシュ政権下、チェイニー、ラムズフェルドらネオコン政治家達が捏造した”フセインが大量破壊兵器を開発中”という嘘を根拠にイラク侵攻した”戦争ビジネス”を告発する、聖林ヒットメーカー、ロブ・ライナー怒りの一撃。もはや現代人の基礎知識として必見の一作 pic.twitter.com/5BbSmgOI69

『記者たち〜衝撃と畏怖の真実〜』試写。素晴らしかった。実際のTV中継やニュース番組のフッテージに対峙する切り返し=モンタージュの苛烈な批判精神。スピルバーグに負けじと、自らの手腕と肉体で冒頭に掲げられた「真実の物語」を語らんとする監督・出演ロブ・ライナーの気概に胸が熱くなる。 pic.twitter.com/r1cU2xe8hV

◆『ショーン・オブ・ザ・デッド』(3月29日公開)

突如として街に出現したゾンビの大群から恋人を救うべく立ちあがったダメ男の奮闘を描き、低予算ながらイギリスで大ヒットを記録したゾンビコメディ。

1 2