さらに極めつけは株式市場だ。米金利低下により金融株の下落が相場の重荷となった上、トランプ大統領の発言を受けた米中貿易交渉の先行き不透明感が市場心理を冷やし、20日のダウ工業株30種平均は前日比141ドル安の2万5745ドル67セントで取引を終えた。

出典ASCII.jp:米FRB利上げ先送りでもくすぶる「債務のマグマ」、遠のく量的緩和からの脱却

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

消費税増税が再延長!?囁かれ始めた「衆参ダブル選挙」の可能性

消費増税延期論に伴って囁かれ始めた「衆参ダブル選挙」の可能性についてのまとめです。

このまとめを見る