1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

南北の共同事務所から撤退。北朝鮮の「突然の変調」にザワつく

去年9月に北朝鮮に設置された、南北双方の当局者が常駐する連絡事務所から、いきなり北朝鮮側が人員を引き上げるというニュースが入ってきました。

更新日: 2019年03月23日

5 お気に入り 17835 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■突然、北朝鮮側が「共同連絡事務所」から撤収した

南北共同連絡事務所は昨年9月に軍事境界線沿いにある北朝鮮側の都市、開城(ケソン、Kaesong)に設置された

韓国政府は、去年9月に北朝鮮に設置された、南北双方の当局者が常駐する連絡事務所から、22日午前、北朝鮮側が人員を引き上げたと発表

韓国統一省によると、韓国側の職員25人は今週末も開城での仕事を続ける。

■なぜ撤収したのかは明らかにされていないが

先月の米朝首脳会談が物別れに終わったことを受けて、仲介役を果たすとする韓国に対して、アメリカへの働きかけを行うよう圧力をかけるねらいがある

北朝鮮が22日、対外宣伝メディアを通じて、韓半島(朝鮮半島)の平和において韓国は米朝間の仲裁者でなく当事者の役割をすべきだと指摘

「朝鮮半島の平和と繁栄は外部勢力がもたらしてくれるものではなく、主人であるわれわれ民族どうしが成し遂げるべきだ」と呼びかけています。

■要するに「なぜ味方をしてくれないのか」ということを伝えている

アメリカのご機嫌をとるのではなく、われわれとともに要求するべきことを要求

韓国に対し、制裁の緩和などに向けてアメリカへの働きかけを行うよう圧力をかけるねらいがある

■このような両国間の動きを知ってか知らずか、トランプ大統領は追加の制裁を解除するとツイート

アメリカのトランプ大統領は22日、「北朝鮮への追加制裁を撤回するよう指示した」とツイッターに投稿

だが財務省は22日に対北朝鮮追加制裁を発表しておらず、どの制裁を指しているのか政権側から明確な公式説明もなく、混乱が広がった。

ワシントン・ポスト紙は政府高官の話として、近い将来予定された新たな追加制裁に関してだったと報じた

■北朝鮮への制裁を巡っては、安保理でも混乱が起きている

国連安全保障理事会では、中国やロシアが、北朝鮮の市民生活への影響を考えるべきだと主張したのに対し、アメリカなどは、制裁の厳格な実施を求め、意見が対立している

トランプ米政権は21日、北朝鮮による制裁逃れを支援したとして、中国の海運企業2社を制裁対象に指定した

北朝鮮が完全な非核化に応じるまで制裁を解除しない姿勢を改めて強調

■日本国内からは制裁についてどのような意見が出ているのか?

しかしまあ、北朝鮮をめぐる情勢も、混とんとしている…。 →北への追加制裁「撤回命じた」~トランプ氏(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?… @YahooNewsTopics

トランプ氏、対北追加制裁の撤回を指示とツイート 政権混乱 cnn.co.jp/usa/35134615.h… @cnn_co_jpトランプ米大統領は、政権の担当者と連携しないと、トランプ政権に安定感がない。これでは、中国や北朝鮮等の国家はトランプ大統領との首脳会談しかしなくなる。トップダウンの外交は大変に危険である。

追い詰め過ぎると暴発するから適度に圧力掛けてる様にしか見えんが --- トランプ氏、北朝鮮への制裁を撤回 金委員長が「好き」 (朝日新聞デジタル - 03月23日 13:53) mixi.at/a5d8o0v

1 2