1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア
65 お気に入り 120144 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼美容院での失敗…結構多いもの

美容院でなりたいイメージを伝えて、再現してもらったにもかかわらず、帰宅したらイメージと違う髪型になっていた…という経験

どうも思い通りにならない、キレイな仕上がりなのは美容院からの帰り道だけで、次の日はもうスタイルが再現できない

□そうならないためにも、みんなの伝え方が参考になるよ!

・「肩くらいまで」「〇〇センチカットして下さい」はNG!

美容院で髪の長さを顎くらいにお願いしますと言ったら肩くらいの長さになったので私の顎は肩まであるのかもしれない

今日美容院行って肩にギリギリつかないくらいにしてくださいって言ったのに顎くらいまでザクザク切られた ツラい

せっかく胸下まで髪伸ばして、今日も5センチくらいね、って美容院のお兄さん言ったのに話してる間に切られすぎて肩下くらいになった泣いちゃう

美容院にあるヘアカタログでもいいし、雑誌の切り抜きでもOK!写真を見せるのが1番!

イメージを口頭で伝えるのって難しいよね。写真を持参しよう。 美容院もいつもそうしてる。

1枚だけだとその髪型のどこが好きなのか伝わりにくいけど、3枚あると質感や前髪のカットラインなど、共通点にピントが合ってきます

・「自分がしたい髪型にマッチするようなコーデで行く」

美容院にいってきました◎ 「暗すぎず、明るすぎず、春っぽくて、私の着る服に合うような色」 と訳の分からないオーダーをした結果、色落ちの楽しめるグレージュにしてもらいました。 グレージュにパープルとネイビーが少しずつ入ってます☺️ pic.twitter.com/3rcTgFxRVf

実はその日のコーディネートが、美容師さんがヘアスタイルのテイストを考える大事なポイントになっている

イメージしてるヘアスタイルが自分の好きなファッションに似合うかどうか重要。好きな服装のパターンまで伝えるのは一歩進んだ方法

美容院行けることになった!ちゃんと行けるのは半年ぶりくらい!ひさしぶりにメイクもした!気分上がる!

・「自分でセットできる範囲でブローして行く」

「どうせ洗って切るだけだし」と、結ぶだけ、帽子をかぶる、あるいは寝起きのまま……なんて状態で美容院に行くのもあまりオススメできません。セルフスタイリングのできをみて、作り込む髪型か、乾かすだけでOK的なスタイルを提案するか考える美容師さんも多いもの

1 2