1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

女性CAがスッピンで搭乗OKに!…英航空会社がメイク義務を廃止

2019年3月「ヴァージン・アトランティック航空」は女性CA(客室乗務員)に対して、「もう仕事のためにお化粧をする必要はありません」と明言。社員が性別に縛られず快適に勤務できるようルール撤廃を決めました。

更新日: 2019年03月24日

11 お気に入り 44131 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

女性が職場で働く上で欠かせない

ノーメイクで職場に来ることって

いくら服装がきちんとしていても、顔がすっぴんだと相手にいい印象を与えない場合もあります。

大人の女性のマナーとしてメイクは必要との意見が多数。

その人の印象の良しあしを決めるのは清潔感。

メイクをしていなくても、いつもパリッとした身だしなみを心掛けるだけで印象はアップするものです。

そんななか、イギリスの航空会社がメイクの義務廃止を発表

ロンドンのヒースロー空港を拠点に、主に長距離国際線を運行しているイギリスの航空会社ヴァージン・アトランティック航空。

その客室乗務員と聞いてイメージするのは、バラのように赤い制服。髪の毛をまとめて美麗にメイクした姿。それは、とても華やかです。

多くの航空会社には、客室乗務員のメイクアップに関するガイドラインが存在しており、老舗企業ほど女性CAに求めるルックスへの規定が厳しい傾向にある。

2019年3月、イギリスの航空会社「ヴァージン・アトランティック航空」は女性CA(キャビンアテンダント=客室乗務員)に対して、「もう仕事のためにお化粧をする必要はありません」と明言

つまり、女性CAたち向けの身だしなみガイドラインにあった、“メイク=化粧の義務”を廃止

また、これまでは申し出がなければズボンの制服が支給されなかったが、今後は自動的にスカートとズボンが支給される。

身だしなみの新ガイドラインによると、CAたちは今後、メイクをしなくてもいいが、「リップスティックやファンデーションの使用は歓迎する」としている。

この報道に、ネットからはさまざまな声

メイクなんてファッションと同じで、自分の好きなようにすればいいと思う。多種多様が進む中、女は女、男は男とか要らない。自分は自分、好きなようにするべき。 客室乗務員のメイク義務を廃止、英ヴァージン・アトランティック航空 - BBC News ニュース bbc.com/japanese/47451…

1 2