1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あの名優も実は…春ドラマは「二世俳優」たちの活躍にも注目

2019年4月期春ドラマは実力派から若手まで期待の「二世俳優」が多数。柄本時生『わたし、定時で帰ります。』、寺尾聰『特捜9 season2』、宍戸開『ストロベリーナイト・サーガ』、福地桃子『なつぞら』ほか。

更新日: 2019年04月18日

2 お気に入り 28711 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『わたし、定時で帰ります。』(火曜夜10時、TBS)

「残業ゼロ!」「定時で帰る!」がモットーの会社員・結衣(吉高)が、くせ者社員たちが抱えるさまざまなトラブルを解決していく姿を描く。

脚本を手がけるのは、「夜行観覧車」「リバース」でもタッグを組んだ奥寺佐渡子と清水友佳子。「逃げるは恥だが役に立つ」の金子文紀と「中学聖日記」の竹村謙太郎が演出を担当する。

・主人公の要領が悪い同僚役に、柄本明の次男・柄本時生

出典thetv.jp

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(2018)

柄本時生

吾妻徹役(柄本時生):結衣の同僚。フロントエンドエンジニア。中途採用。技術はあるがとにかく要領の悪い仕事の仕方をするため、仕事が遅く、終わらない。家に帰っても特にやることが無い、1人の方が作業が進むなどと理由をつけながら、会社に棲み着いている。

2005年、映画 Jam Films S『すべり台』で主演デビュー。父親は俳優・柄本明、母親は女優・角替和枝、兄は俳優・柄本佑。

義姉は安藤サクラ

映画「ホームレス中学生」「アウトレイジ」「さや侍」「超高速参院交代」など多数に起用される。NHKドラマ「巧妙が辻」「おひさま」にレギュラー出演し、NHK-BSプレミアムドラマ「初恋芸人」の主演を務める。

◆『特捜9 season2』(水曜夜9時、テレビ朝日)

故渡瀬恒彦さんの主演で2006年に始まった人気シリーズ「9係」の後継作。

井ノ原演じる浅輪直樹“主任”を筆頭に、寺尾聰扮(ふん)する宗方朔太郎班長率いる「特別捜査班」の刑事たちが、抜群のチームワークで難事件に立ち向かう姿を描く。

2018年の第1弾では巡査部長ながら主任を務めた直樹が、「特捜9 season2」の第1話で五級職警部補に昇進。名実共に主任となり、特捜班のメンバーと新たな関係を築いていく。

・班長役の寺尾聰の父は名優として知られた宇野重吉

『特捜9』(2018)

寺尾聰

寺尾聰:宗方朔太郎 役
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部。警視総監・神田川から直々に特別捜査班班長に任命された元監察官。一風変わった人物だが、事件解決のヒントを与えてくれることが多く、特捜班のメンバーからの信頼も厚い。

父は劇団民芸の名優・宇野重吉。1964年にフォークグループ“ザ・サベージ”を結成し、文化学院大学文学部在学中の66年にプロデビュー。グループサウンズ・ブームの中で『いつまでもいつまでも』などをヒットさせたが、67年にグループから脱退する。

68年熊井啓監督「黒部の太陽」で映画デビュー。70年から「乱」など黒澤明作品に出演。99年「雨あがる」でヴェネチア国際映画祭緑の獅子賞、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞・最優秀作品賞受賞。

◆『ストロベリーナイト・サーガ』(木曜夜10時、フジテレビ)

誉田哲也の警察小説「姫川玲子シリーズ」を二階堂ふみと亀梨和也のダブル主演でドラマ化。

2010年には竹内結子主演のスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』として映像化され、2012年には連続ドラマ化。前シリーズから6年を経てキャスト、スタッフを一新し、まだ映像化されていない最新エピソードを加えて再構成する。

脚本は徳永友一ほか

ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した刑事・姫川玲子(二階堂)と、年上の部下で巡査部長・菊田和男(亀梨)が事件解決に奔走する姿を描く。姫川の天敵でくせ者刑事・勝俣健作を江口洋介が演じる。

1 2