1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼今までメンバーが一度も変わっていない

年長組3人を「20th Century(トゥエンティース・センチュリー)」(通称トニセン)、年少組3人を「Coming Century(カミング・センチュリー)」(通称カミセン)として、独立した活動も行っている。

V6の結成秘話はメンバー間でも食い違い!?

ジャニー喜多川社長から電話がかかってきて、「実はこういうグループがあるんだけど、メンバーどうしよっか? (森田)剛と健がいて、岡田(准一)がいて…」と相談され、「ジャニーさんが決めればいいんじゃない?」と伝えたなどと話した。

井ノ原自身は坂本から電話をもらい、井ノ原も新グループのメンバー候補であること、そして6人のうち最後の一人として、まだ入所2週間目だった岡田准一をメンバーにするかジャニー氏が迷っているらしいと告げられたという。

岡田を坂本、井ノ原、長野博が誘ってバレーの練習をしていたのをジャニー氏が見て「やる気があるじゃないか!」とそこで岡田の加入が決定したと明かす。

一方・・・

「相談を受けた時に(森田)剛がいなくて。剛がいないんだったらデビューしたくないって言って、断ったんですよ」と、V6の話を一度断っていたことを告白。

ジャニー社長は「YOUが一番になるグループにしたい」という狙いを明かし、三宅と共に人気を争っていた森田が入ると「YOU一番になれなくなっちゃうじゃない」と言うも、三宅は「それでもいい。あいつを入れてくれたらデビューしていいよ」と要望。

@088eer4v4 TOKIOカケルでV6の結成のお話をした坂本君と健ちゃんの話が食い違い…イノッチも2人と微妙に違う?みたいな感じになっていたけど、真相はどうあれ6人は良い巡り会いをしたなぁって思います(*´ω`*)

▼ジャニーズ事務所のバンドと言えば

1995年11月2日、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)放映開始。以降、TOKIOを代表する看板番組となる。

TOKIOの原点はリーダーを中心とするバンドだった

TOKIOといえば、ジャニーズを代表するトップアイドルグループですが、その始まりは城島茂さんと山口達也さんがジュニア時代に組んだTOKIO BANDが元になっています。

ギターとベースしかメンバーがいなかったため、ボーカルやドラム探しに苦労していたところ、ジャニー喜多川さんから楽器が演奏できるジャニーズジュニアの一覧表を、城島茂さんと山口達也さんに渡してくれたそうです。

1992年頃から、ジャニーズJr.の中で頭角を現していた長瀬智也が時折サポートとして加入するようになる。

1994年、CDデビューを目前に控えたTOKIOのメンバーとなった。

長瀬の加入前について、松岡は「俺たちがデビュー前に、本当に『売れねぇな、売れねぇな』って言ってて」と回想。

「ボーカルに長瀬が入ってきたとき、僕らガッツポーズした。『売れるー! やっと売れるぞ、俺たち! 長瀬入った!』って」と、メンバーたちが歓喜に沸いたことを語った。

1 2