1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今年は夏休みが有給扱いに…有給休暇取得の義務化でその回避策が話題に

2019年4月から働き方改革の一環で有給休暇の取得が義務化される。ネットではブラック企業の裏道が話題になっている。所定休日を労働日に変更し、その労働日を有休扱いにするという方法。

更新日: 2019年03月24日

19 お気に入り 31774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nobodyelseさん

有給休暇(年次有給休暇)とは

年次有給休暇(ねんじゆうきゅうきゅうか)とは、労働基準法第39条で認められた権利であり、これを行使することで賃金が支払われる休暇を取得することができます。

法律上は、雇入れの日から6ヶ月時点で10日間付与され、その後は1年ごとに付与されます。

2019年4月から有給休暇が義務化

厚生労働省の調査によると、2017年の年次有給休暇の取得率は51.1%だった。前年から1.7ポイント上昇。
しかし、日本の有給取得率は先進国で最下位。
政府は20年までに取得率を70%にする目標を掲げている。

4月から、年10日以上を付与される労働者については、うち5日は取得の権利が発生した日から1年以内に、時季を指定して取得させることが会社に義務づけられました。

消化させることができなかった場合には、罰則があります。会社は労働基準法違反として30万円以下の罰金刑の対象となるのです。

ブラック企業の裏ワザが話題になっている

ネットで問題視している裏ワザとは、これまでの所定休日を労働日に変更し、その労働日を有休として時季指定するというもの。

有給休暇取得が義務化されるやつ、「どうせ年収上がらないなら休みぐらいは増えてほしいな」と思ってたので大歓迎だったんですが、長年に渡って慣例的に休暇になってた夏休みや冬休みを平日扱いにして、有給休暇を取ったことにする抜け道があるそうで、「それが人間のやることかよおおお!」ってなった

うちンとこも同じ感じ。例年通りなら休日になってる日が丸で囲ってあって「有給消化日」ってなってた。 労働者の権利をナゼ会社側が決めるのか腑に落ちぬ。 twitter.com/Hikikomori_/st…

@Hikikomori_ それの影響で夏休み5日から3日になりました。その発想に驚きました。経営者ってスゴイわ。

@Hikikomori_ うちの会社もそれにするみたいですけど、その平日にした5日分を毎年の有給日数に上乗せしてプラマイゼロになるように調整してくれるようです。 要は抜け道を更に抜け道で回避する形ですわ。

@Hikikomori_1 元々の休みがあった所に全員で有給使う前提で、出勤する人をゼロにして運用で回避するという形ですわ。 この場合、従業員的にはほぼ損しないんですが期間来る前の退職とか有給残ってない状況で当日を迎えるような特殊なケースでトラブルが発生する可能性が出来ただけで、却って面倒くさくなるという。

つか、コレうちの職場なんだが!夏休みを有休で取れって!しかも、うち月曜祝日が平日扱いになって実質1週間休みが減ったんだけど!! #有休義務化

まさしく私も有休義務化により公休を有休に変更するという裏技を使う予定の会社にいますが、そもそも有休なんて曖昧なものは廃止して、週休3日制を義務化して欲しい。4日働いても3日休めればかなり疲れが取れるし、遊びにも行けるよ。

働き方改革はサビ残が増えただけだし、有休義務化もな…どうなんだろね

この裏ワザに対する厚生労働省の回答は…

厚生労働省が中心となって発行している法改正のパンフレットでは、このような手法について「望ましくないもの」と回答するにとどまっている。

弁護士の判断は…

就業規則の変更には、労働者の過半数代表者等からの意見聴取などの手続を踏む必要があるほか、変更が合理的なものであることが求められます(労働契約法10条、11条)。

1 2