i ) 1, 2等ともロマンスシート、定員制で一等はりクライニングシートになっている。
ii)窓は固定の2重ガラスとなっており、夏季には屋根に取付けたユニットクーラーで冷房され、冬季には腰掛下の電気暖房により快適な旅が楽しめる。
iii)万ーの事故のため非常ドアが各車に2カ所ずっついている。
iv)各車の洗面所には温水器によりいつでも温水がでるし、また飲料用冷却器により冷い飲み水が出るようになっている。
v)食堂車は全電化方式で、もちろん電気レンジ・電気冷蔵庫をそなえ、また落ちついたムードをかもし出すためにテープレコーダーによる音楽放送が楽しめる。
vi) 1等車の各座席には耳かけ式のイヤホソがあってNHK第1第2の放送がきける。
vii)両端のキハ81の後部には売店がある

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 気動車の発展と開発 特急用気動車の開発 第8話

鉄道ジャーナリスト【日本国有鉄道研究家】の加藤好啓です。今回は、特急気動車誕生の経緯などについて簡単にまとめさせていただきました。ご覧いただければ幸いです

このまとめを見る