1. まとめトップ

「日本クレアス税理士法人」などの税理士法人に依頼できるサービス

日本クレアス税理士法人では、確定申告をはじめ様々なサービスを展開しています。特に個人事業主の場合、自分ですべてを行う必要があるため作業量はもちろん、時間もかかってしまいます。こういったときに、日本クレアス税理士法人を利用することで、事務的な作業を軽減できるのでおすすめです。

更新日: 2019年05月01日

0 お気に入り 838 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cana__fujiさん

■確定申告とは

確定申告は、納付するべき所得税額を確定する申告手続きのことを指しています。
法人の場合は、事業年度を課税期間とし、その期間内で得た所得を計算し、記入した申告書を税務署に提出するとその年に納めなければいけない法人税が確定します。
消費税の課税事業者となっている個人もしくは法人の場合は、課税期間内の消費税額を計算し、記入した申告書を税務署に提出すると納税額が確定します。

確定申告をしなければいけないのは、給与所得が2,000万円を超える人、給与所得や退職所得を除いた各種の所得金額が20万円を超える人、年末調整をされなかった給与の収入額と給与所得や退職所得を除いた各種の所得金額が20万円を超える人、給与以外に貸付金の利子や賃貸料などを支払ってもらった人、災害減免法で還付などを受けた人、在日の外国公館に勤務し所得税を源泉徴収されない人です。
それ以外にも、公的年金の収入額が400万円を超えている人で他の所得が20万円を超えている場合、退職金所得がある場合、先物取引やビットコインなどの利益がある場合、株取引や先物取引などで確定損失が出た場合も確定申告をしなければいけません。

そんな確定申告をしっかりとしておくと、税金が戻ってくることもあります。
確定申告で戻ってくる税金は、配当控除や住宅借入金等特別控除、政党等寄附金等特別控除、外国税額控除、住宅耐震改修特別控除などです。
その他にも、医療費控除や寄附金控除、扶養控除、配偶者特別控除など様々な控除があるということを覚えておきましょう。
これらをしっかりと申告しておけば税金が還付されるため、把握しておいた方がメリットが大きくなります。

■税理士法人に依頼するメリットと気をつけたいポイント

法人の確定申告は、税理士に依頼した方が正確に行えます。
しかし、依頼をする際に気を付けなければいけないポイントもあるので、それも知っておくべきです。

【税理士法人に依頼するメリット】

税理士法人に依頼するメリットとして挙げられるのは、何よりも正確な確定申告が行えるということでしょう。
税金のルールはとても複雑なので、なかなか理解が難しい部分もあります。
また、毎年変更もあるので、個人事業主が全て1人で正確に行うのは非常に難しいと言えます。
もしも間違えた申告をしてしまうと、追尾課税されてしまうので、余分にコストを支払わなければいけません。
税理法人に依頼をすることによって、事業主は本業に専念できるということになるというメリットもあるので、依頼した方が良いのです。

税理士は、消費税申告もしてくれるため、併せてしてもらうことをおすすめします。
消費税申告は、売上高が1,000万円を超える場合に納税義務が発生するのですが、この申告も所得税の申告と同じように複雑です。
自分でやろうとするとかなり苦戦してしまう可能性も考えらえれます。
そのため、税理士に依頼をした方が本業に支障を出さずに済むと考えられます。

【税理士法人に依頼する際に気をつけたいポイント】

税理士法人に依頼する際に気をつけたいポイントは、顧問料だけで税理士を選んではいけないということです。

個人の顧問料は2万円前後が多いと言われていますが、これは月額の顧問料となっています。
つまり、1年間で24万円の顧問料がかかるということになります。
しかし、税理士に確定申告を依頼する場合、顧問料とは別の費用もかかります。
確定申告の費用は、顧問料の4ヶ月分~6ヶ月分が目安だと言われています。
したがって、顧問料と確定申告の費用を合わせた金額を用意しなければいけないということになるのです。
個人の顧問料は2万円の場合であれば、1年間で32万円~36万円くらいを税理士費用として見込んでおく必要があります。
ただし、売り上げや取引量が多くなるとその分顧問料が高くなってしまうので、注意しなければいけません。

中には、顧問料が安い税理士もいるため、そのような税理士を選びたいと思う人もいるでしょう。
しかし、顧問料の安さだけで選ぶのは失敗のもとになるので、気をつけてください。
税理士の中にも、得意な分野があるのでこれまでの実績などをチェックしてから、顧問契約を結んだほうが後々後悔をする可能性が低くなります。

■「日本クレアス税理士法人」とは

グループ企業一覧日本クレアス税理士法人
日本クレアス社会保険労務士法人
株式会社コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング
株式会社コーポレート・アドバイザーズM&A
会社案内PDF

本社〒100-6033
東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
電話:03-3593-3235 FAX:03-3593-3246

大阪本部〒541-0045
大阪府大阪市中央区道修町1-7-10 扶桑道修町ビル3F
電話:06-6222-0030 FAX:06-6222-0038

【大阪支社】
〒530-0051
大阪市北区太融寺町1-17 梅田アスカビル704号
税理士法人     電話:06-6809-4445 FAX:06-6809-4446
コンサルティング室 電話:06-6809-4755 FAX:06-6809-4446


【千葉支社】
〒272-0033
千葉県市川市市川南3-14-23 市川セントラルハイツ108号
電話:047-326-5111 FAX:047-326-3373

■日本クレアス税理士法人の事業内容

会計・税務
M&A(仲介・コンサルティング)
FAS(株価算定/財務調査/企業再編)
人事労務 / 給与計算
相続・事業承継
IFRS(国際財務報告基準)・決算開示(ディスクローズ)支援
内部統制(J-SOX)・内部監査
海外現地法人サポート

■事業・サービス詳細

法人はもちろん、個人であっても経営状況を確認しておくことは今後成長していく中で必要なことです。
日本クレアス税理士法人の月決決算サービスは、要望に応じた支援を行ってくれるため毎月の試算表を迅速に提供してもらうことができます。
700社以上の企業と取引実績を持つ日本クレアス税理士法人は、節税や税務申告に関して適切なアドバイスをすることができます。

事業継承、出口戦略の一環として日本クレアス税理士法人ではM&Aサービスを行っています。
M&A専門会社として、公認会計士、税理士、社会保険労務士と一緒になって経営への問題解決をスピーディーに行ってくれます。
M&Aは、意思決定の重要さと柔軟な対応は必要になります。
そのため、日本クレアス税理士法人では経験と実績のあるアドバイザーによるM&Aの後に発生する問題に関しても相談にのってくれます。

投資やM&Aが多くなってきている現在、買収に失敗も多発してます。決算の適否の確認だけではなく、管理体制、人事労務関係、正常収益に関する調査など買収をしたあとに発生する問題点への調査作業も行っています。
統合をしたあと、人事の問題や子会社としての体制をどうしていくか、予算の決定など見直しに関しての支援もしてくれます。
さらに、グローバル化に伴い中国やアジアに拠点を配置させながらもグローバルネットワークを生かした調査、評価もしています。

日本クレアス税理士法人では広範囲での労務事業をサポートしてくれます。毎年のように改定が行われる保険料…。知識不足で保険控除への問題を抱えている、人事の変動が激しいため業務への負担が多くなっているなど問題がある場合に、日本クレアス税理士法人に相談をすると様々な改正へ迅速に対応してくれるので、安心して任せることができます。給与計算はへの手間やそれにかかる人件費の削減はもちろんのこと、給与情報を外部に漏らさないなど保守への対応もきちんとしてくれます。

亡くなったあとトラブルに発展することが多い相続には相続税が発生します。万が一のことを考え早めに取り組む必要があります。
日本クレアス税理士法人では、相続を専門としている税理士による現状の分析、相続の趣味レーションを行い今現在保有している財産でどのくらい税金は発生するのかを算出し対策と問題点を提示してくれます。
この他にも、事業継承のサポート、生前に何をすべきか生前対策プランの作成、遺言書の作成などのお手伝いをしてくれます。

医療の開業を検討している方に、開業予定地のマーケティング調査や日々の会計処理、会計事務所とは違った目線での経営状況の分析などを行ってくれます。
医療の経営は、会計はもちろん様々な届け出も必要になります。
こういったトータル的なサポートもしてくれるのが、日本クレアス税理士法人の特徴である、メリットになります。

毎日の業務内容にプラスして会計への処理が複雑化していることもあり、かなりの負担になっているといえます。
こういった作業の負担を軽減するために、開示業務の際重要になってくる監査への対応、会計処理などを行ってくれます。会社と監査との両方からの視点で適切な回答を導いてくれます。
そして、日本クレアス税理士法人ではIFRS関連サービスを採用し、迅速で正確性の高いIFRS財務報告に対応できるようにサポートしてくれます。

上場の準備、M&Aによって拡大をしたJ-SOX文書化、整備評価への支援、完了後の評価業務と幅広い業務へサポートをしています。
J-SOX制度をしているけど見直しを検討している企業や、IPOを検討しているがJ-SOXへ不安を感じている、内部監査の強化をしたいと思っている企業におすすめです。
内部監査に関して、「J-SOXコンサルティング」および「IPOコンサルティング」などの知識と経験を生かし、企業にあった内部監査支援を行ってくれます。
内部監査部門の人員を確保することができない…そんなときにはスタッフを派遣し、実務をサポートしてくれます。

日本のみならず海外進出を考えている、会計税務に関するアウトソーイングを検討しているなどの企業におすすめな海外現地法人サポート。
日本クレアス税理士法人では、全世界100か国以上に拠点をもち、海外との強力なネットワークによって、日系企業の海外進出のお手伝いをしています。

会計の基準や開示法などの見直しなどがあり開示義務が複雑になってきました。さらに追い打ちをかけるかのように、監査が厳しくなってきているため決算作業量も増えています。
決算における決算開示支援で業務への負担を軽減することができます。

■日本クレアス税理士法人の強みとは?

法 人 1,304社
(上場70社/ベンチャー企業・中小企業)
個 人  517名
クリニック・医療法人・介護福祉等 512

日本クレアス税理士法人は、業種問わず幅広い職業の顧客層のサポートをしているため、規模、業務形態問わない平等で最適なサービスを提供してくれます。

専門的な知識を保有しているスタッフが万全な体制で税務調査を行ってくれます。
さらに、社員全員は同じ目標を掲げ、チームで取り組みを行うため、結束力はもちろんて手厚いサポートを受けることができます。
働く女性も応援し、働きやすさ、活躍の場を積極的に提供しているのは日本クレアス税理士法人ならではの特徴です。

会計、税務関係のみならず給与や人事、M&A、助成金と言った幅広い分野でのサポートをしてくれます。
弁護士、司法書士と提携関係にあるため、スピーディーに問題解決へと導いてくれます。
日本だけではなく、海外進出を検討している方へのサポートも行っているので、検討している場合には気軽に連絡をしてみるといいでしょう。

■日本クレアス税理士法人の書籍を紹介

財務諸表からその会社の経営状況やビジネスモデルをすぐに見つけ仕事に即座に生かすことができます。
会計の知識が全くない経営者はもちろん、経理にかかわっていない人でもこの書籍を読むことで、決算書での重要箇所を瞬時に読み解くことができるようになります。

書籍の中では実際にヤマダ電機、ニトリ、ソフトバンク、グリー、三菱商事、JALなどの決算書を利用した開設があるため、数字が苦手だという方でもすんなりと情報として入っていきます。

不況でも利益を生み出す会計力では、不況を迎えている日本で会社はどのような経営をし、舵取りをしていかなければいけないのか、そして経営の数字の見方や考え方などの解説が書かれています。

どんな社会情勢であっても、利益を生むことができる会社づくり、経営力を身につけられる書籍です。

1 2