1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

これやってたわ…パスタを作る時にありがちな「NGなこと」

パスタがおいしくできない理由はこれだったのかも…!

更新日: 2019年03月25日

31 お気に入り 56113 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼おいしくて、満腹感が得られるパスタ!

イタリア料理のパスタ。今では和風味や明太子パスタが定番化するなど、すっかり日本のでもお馴染みのメニューの1つになっています。いろんな食材と合わせやすい上に冷たくても温かくても美味しい

バター醤油パスタを作ってみたけど失敗した.....まずい...

煮込み料理とか時間かけて作る系の料理は得意だけどパスタとか時間との勝負系の料理は苦手なんだよなぁ…(−_−;)

□でも、なぜかいつも失敗する…それ、これが原因なのかも!

・「茹でる時間を見ていない」

熱いソースなどフライパンで絡める場合火を通すので表記されている茹で時間よりも1分短く茹でることがコツです。市販の和えるだけのソースなどを使う場合は表記時間と同じ茹で時間で茹でる

・「鍋が小さすぎる」

鍋が小さすぎてパスタを折って入れるしかない

パスタ食おうと思って茹でたら鍋小さすぎて麺が燃えてもう嫌だなにこのいろ。ただのポイズンクッキングやんけ pic.twitter.com/8gxSq717ff

鍋ひとつでソースの調理ができたり、一人暮らしでも使いやすい一人用のミニサイズなど、便利なパスタ鍋がたくさん販売されています

パスタ一人前の目安は75グラムです。おなかがあまりすいていない時は50グラムで、腹ペコなら100グラムくらいあれば十分

・「塩を入れずに茹でている」

1つ目が、沸騰時の水温を上げること。パスタの茹であがりがちょっとだけ早くなります。でも、もっと重要なのが2つ目。パスタの味付けです。スパゲッティは、水を吸い込むときに、塩も吸収します。

茹であがったあと塩を振って下味をつけるより柔らかく塩味がつく

1 2