1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

やっぱり怖い…京都市の中3女子が「大麻」使用で錯乱状態に

京都府に在住している中学3年生の女子児童が、大麻を使用して錯乱状態になり逮捕されました。

更新日: 2019年03月25日

8 お気に入り 62573 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

警察の発表を元に作成しています。

■大麻

大麻(たいま、cannabis[1])は、アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。マリファナとも

マリファナは葉を乾燥させたもので、これをタバコのようにして吸煙する。樹脂化されたものはハシシと呼ばれる。

大麻に含まれる有害成分、THC (テトラヒドロカンナビノール) は、幻覚作用や記憶への影響、学習能力の低下等をもたらします。

■京都府の中学3年生がこの大麻を使用したとして逮捕された

京都市の中学3年生の女子生徒が、大麻などを所持した疑いで、逮捕されていたことがわかった。

生徒は「インターネットを通じて大麻を購入した」との趣旨の供述をしているといい、府警が入手経路の特定を進めている。

1月下旬に吸い始めた。家族のことで悩んでいて眠れなかった。眠るために使った」という趣旨の供述をしている。

■錯乱状態になっていたという。怖い…

女子生徒は3月上旬、市内の自宅で突然、暴れ出すなどしたことから、家族が119番し、救急搬送された。

今月1日、女子生徒が家の中で暴れていると母親から消防に通報があり、病院で検査をしたところ大麻と薬物の成分が検出された

京都市内では2018年10月、山科区で中学3年の男子生徒が、大麻所持の疑いで逮捕されている

■他国では合法化されるなどしているが、大麻はやはり怖い

大麻って突然暴れだして錯乱状態なったりするんですか…。タバコより全然やばいですね…。 突然暴れ錯乱状態に…中3女子が“大麻所持” news.tv-asahi.co.jp/news_society/a…

中学3年の女子が大麻所持容疑で逮捕 自宅で突然暴れて錯乱状態に #ldnews news.livedoor.com/article/detail… 約10%が使用歴ありという実態を考えると「うちの子に限って」は通じない。家族仲が悪いと余計に手を出しやすくなる。

大麻って酔っ払うのか。若い人はやらないほうが良いよな。 中学3年の女子が大麻所持容疑で逮捕 自宅で突然暴れて錯乱状態に #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

中学3年の女子が大麻所持容疑で逮捕 自宅で突然暴れて錯乱状態に #ldnews news.livedoor.com/article/detail… ヒェッ・・ 闇が深すぎ

■大麻の作用として「錯乱」がある

ちょっとした刺激や、もしくはまったく何の理由もなく、突然恐怖にかられたり、錯乱を引き起こしたりもします。また、長期乱用者には知的障害も起こることが報告されており、小学生程度の読み書き、計算しかできなくなるケースも

摂取量などを間違えるとパニックなどを引き起こすこともあるため、アルコールやタバコより調整が難しい薬物

大麻摂取時の精神作用は個人差が大きく、その人の性格や摂取時の環境や気分などの条件で大きく異なります

■個人差が大きいというのがあるが、とにかく危険

アルコールと同様に意識レベルを下げることは間違いなく、大麻と運転の相性の悪さは過去の多くの事故例からも明らか

現在、過去、未来の時間の観念が混乱して思考が分裂し、感情が不安定になったりします。このため、興奮状態に陥って暴力的になったり、さらには幻覚や妄想等に襲われるように

1 2