1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

既存のWiMAXのサービスが終了することになり、注目が集まっているWiMAX2+ですが、通信できるエリアが狭いとの評判…。果たして本当なのでしょうか?今回は徹底的に探ってみました!

そもそもWiMAX2+ってどんなもの?

WiMAXは、KDDI系のUQコミュニケーションズ株式会社が提供するモバイルWi-Fiルーターサービスの一種です。ポケットWi-Fiのひとつとして人気が集まりましたが、残念ながらサービスの終了が決定しています。

しかし、今後はWiMAXに代わるWiMAX2+が主流になるのではないかといわれています。WiMAX2+はWiMAXの進化版であり、旧式のWiMAXの下り最大通信速度40Mbpsに比べて、WiMAX2+は下り最大通信速度110Mbpsとなるようです。
これでしたらWiMAX2+の方が絶対よいといえるでしょう。

WiMAX2+のエリアは限られているの?

Wimax2+のエリア検索をピンポイントで調べたら建物とかの立地やらなんやらで△になってて死か??って思った

WiMAX2+のエリアマップで検索するとうちはバリバリ圏内。 けど、ほぼ入らなかったのでピンポイント検索するとうちひと区画だけ圏外 エリア内でも圏外あるなんて一言も書いてないし電波塔と電波塔の間に圏外あるとも書いてない。 きちんと圏内で通信速度遅いなら納得も出来るが... pic.twitter.com/ZXDv0yKKwQ

WiMAX2+、3年プランにしたらギフト券もらえるってのと、3年プランだとエリアプラスが無料で使えるってことで切り替えたけど、どうせ3年使うよなぁ・・・。エリアプラス無料なのでたまにあるWiMAX2+入らないエリアでも容量気にする必要はあるけどエリアプラス切り替えできるから悪くないはず・・

Twitterで検索してみると、確かにWiMAX2+のエリア圏外は全国各地にある様子。しかも、結構近いエリアでも通じたり、通じなかったりするようですね。
これでは、通じないエリアが多いと感じる人が多いのも無理はないかもしれません。

WiMAX2+の通信エリアを調べてから契約を!

WiMAX2+エリア情報はUQモバイルのサイトから検索できます。住所やフリーワードを入れるだけで簡単にわかるので、これから新居地で契約を結びたいと考えている人は契約前に必ず調べてみましょう。契約後につながらないことに気づいてから契約解除した場合、違約金が取られる可能性があります。

朗報!WiMAX2+の通信エリアは順次拡大中

2019年3月18日(月) ~ 3月20日(水)の期間に関東では以下のエリアが拡大・拡充しました。


■栃木県
・栃木県宇都宮市一の沢1丁目 周辺

■埼玉県
・埼玉県さいたま市見沼区南中野 周辺
・埼玉県さいたま市桜区神田 周辺
・埼玉県川口市芝西2丁目 周辺
・埼玉県白岡市新白岡7丁目 周辺

■千葉県
・千葉県君津市中野6丁目 周辺
・千葉県浦安市北栄2丁目 周辺

■東京都
・東京都世田谷区桜新町2丁目 周辺
・東京都日野市新井 周辺
・東京都多摩市和田 周辺

■神奈川県
・神奈川県横浜市旭区柏町 周辺
・神奈川県横須賀市長沢3丁目 周辺
・神奈川県厚木市緑ヶ丘5丁目 周辺

同じくUQモバイルのサイトでは、エリアの拡大情報を細かく教えてくれています。これなら、自分が使用する場所の通信状況を確実に知ることができるでしょう。
エリアは毎日のように拡大しているので、今利用できないところも将来的には使えるようになるかもしれません。

もしも今使っているところが圏外だったら?

WiMAX2+のエリアが圏外であれば電波状況について要望を出すと改善されることがあります。

ワイマックスはお客様の声を今後のエリア展開、品質改善に活用しており、当部署にて毎月のデータ集計を行っています。

▼エリア改善要望受付フォーム
https://www.uqwimax.jp/area/customer_voice/

要望を出すことによって、改善を期待することができるでしょう。

まとめ

WiMAX2+が使用できないエリアはまだまだあり、十分とは言えない状況でしょう。契約をする際には、必ず確認することをおすすめします。しかし、最近はエリアが拡大してきているので、将来的には使えるようになるかもしれません。

1