1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

爆死からの復活…「おそ松さん」劇場版が絶賛されまくっている!

1期の大ブレイクから急転…2期が苦戦しまくった「おそ松さん」。様々な理由から視聴をやめた人も少なくないのではないでしょうか…そんな逆境の中、公開された劇場版。満足度がすごいと話題です!途中から見ていない人にもオススメ…一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!!

更新日: 2019年03月26日

17 お気に入り 49030 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

もしかしたらもう一度社会現象になるかも…見逃せない展開になってきました!

critical_phyさん

みなさん覚えていますか…かつて大ブレイクした「おそ松さん」

日本中を沸かせた名作ギャグ漫画「おそ松くん」。そしてその昭和の最後を華々しく飾った前作アニメ。それから時は流れ、現代。町並みも、ライフスタイルも変わった今、あの6つ子たちも、ひそかに成長を遂げて帰ってきた!

人気作品のパロディ三昧故か、現在は既にお蔵入りとなっている第1話、そして人気男性声優の多数出演などが話題となって異例の大ヒット。テレビ東京系列全局で放送されていたバラエティ番組『チャージ730!』によると、経済効果は約70億円との事。

第1期最終回である2016年3月28日の放送1か月前からネット上では番組終了を惜しむ声が上がり、「松ロス」「松鬱」という言葉がネット上に現れるほどだった。

一体なぜ…満を持して放送された2期は爆死との評価が多い!

第1期第1話はパロディネタと下ネタ満載だったが、放送されると六つ子に萌える女性が続出し、Twitterやpixivには本作のイラストが多数投稿された。

6つ子を演じる声優の櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由をはじめとした豪華声優陣や、笑えて泣けてほっこりもできる、予測不能なギャグコメディでたちまち話題となり、社会現象を巻き起こした。

二期で振り落とされている人が少々いるように見える。逆に私は二期やべぇなと思っている訳で、この辺りはもう全力で走りつつ一応後ろをチラ見してくれている制作陣について行けるかどうかである。

女子を引かせなきゃいけないと思って、ものすごい下ネタが多かった。このすべてが見事に空回りしていって、過剰に下品になっちゃってしまってるなっていうのがあって。

こんな意見も…。

笑いながら楽しめる回もあったのですが、正直演出やストーリーが女性向けなのかもしれないなと思う事も多々あり、二期の購入は少々悩みました。

その中で制作された劇場版…満足度がハンパないと話題です!

改めて言うまでもないだろうが、『えいがのおそ松さん』はテレビアニメ『おそ松さん』の完全新作劇場版。

様々な革新性が見られていた1期に対し、2期の内容は幾分トーンダウン。第2のブームには至らなかったように思える。その後に公開を迎えてしまった本作の内容は、一体どうだったのだろうか。

本作では6つ子が高校の同窓会に出席し、未だにニートであることを同級生たちに知られてしまい、大いに恥をかいたことをきっかけに、その翌朝、なぜか高校卒業前夜にダイムスリップ(?)してしまいます。

劇場版『えいがのおそ松さん』は、公開3日で10万人を動員、そして、ぴあ映画初日満足度ランキングで1位((3月16日ぴあ調べ)、数々のレビューサイトで高評価を得ており、大ヒット上映中です。

「6人の中に大きな後悔を残している人物がいる」ため、6つ子が高校時代の自分たちに会いに行くというもの。その後悔の内容やいきさつは作品を観ていただくとして、6つ子だけでなくお馴染みのメンバーが、さまざまな悩みや苦しみを乗り越える描写が良い。

カラフルポップな中に淡さを忍ばせた映像美は、大きな銀幕でさらに『おそ松さん』ならではの個性を際立たせつつ、いつしか繊細な日常描写から大胆不敵なスペクタクル・シーン(!)まで、映画ならではの醍醐味を満喫させてくれるのです。

うわ〜おそ松さんの映画もう一度観にいきたいわ〜これは何度でも見に行きたいわ〜……疲れてて細かいとこ見れてなくて考察できないから復習しに行きたくなるやつだ〜……

原作者へのリスペクトも…SNSで好評価が広まりつつあります!!

『おそ松さん』ファンが一番見たかった、もしくは触れたかったであろう情緒が、ここにはあります。おそらく映画が終わるころには、観客の大半が号泣感涙しているのは必至と思われますが、そこにTVシリーズを見ていた見ていないはあまり関係ないでしょう。

これほどまでに作品内のキャラクターの成長を、長年にわたり一緒に楽しめるアニメはほかにない。改めて『おそ松』を生み出した、赤塚不二夫さんに拍手を送りたい。そんな気持ちでいっぱいだ。

迎えることになる「卒業」。それは、むしろ皮肉にも思えるほどに直接的である。この結末を、メッセージを、当事者であるファンの多くがどう受け止めるのか。それが今回の劇場版が成功だったかどうかを決めるはずだ。

1 2