この1年の調子について水谷は「正直、今の自分は全盛期の3割くらい」とまで言い切る。だが、悩んでばかりもいられない。苦肉の策として選んだのがサングラスの着用だった。「サングラスをつけると少しマシですね。5割くらいの力はなんとか出せるようになった」。

出典【水谷隼#2】「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

原因はLED?レーシック? 卓球水谷隼「実は見えてない」と告白

卓球の #水谷隼 (みずたに じゅん)選手が視力低下に悩んでいたことを告白。LEDなどでショーアップされた卓球の照明設備やレーシックの影響がネットで懸念されていました。

このまとめを見る