1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

朝ドラ100作目『なつぞら』も!第一週スタートの注目「春ドラマ」

2019年4月第1週にスタートする春ドラマ5作品のまとめ。朝ドラ『なつぞら』、『賭ケグルイ Season2』、『向かいのバズる家族』、『きのう何食べた?』、『ミラー・ツインズ』ほか。

更新日: 2019年04月06日

6 お気に入り 23214 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

4月1日(月)

◆『なつぞら』(月~土朝8時 ほか、NHK)

4月1日にスタートする広瀬すず(20)主演の次期連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜、午前8時)。

『なつぞら』は、戦争で両親を失った少女・奥原なつが、北海道・十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジする物語。

NHK連続テレビ小説としては節目の第100作目であり、戦後の北海道の大自然や日本のアニメの草創期を描く、脚本家・大森寿美男さんによるオリジナル作品だ。

・全編アニメのOP 高畑勲、宮崎駿監督らへのオマージュも

実写部分のない全編アニメーションで描かれたオープニング(OP)のタイトルバック。

監督・原画・キャラクターデザインを担当した刈谷仁美さんを中心にした若いアニメーターが手掛けており、1960~70年代の日本のアニメーションのテイストにかなり寄せた作りになっている。

磯プロデューサーは「オマージュというか、そういったところにかなり似せて作っているところはある」と認めた上で、今後は高畑勲監督や宮崎駿監督といったアニメ業界の草創期を支えたレジェンドだちへのオマージュも登場することを明かしていた。

4月2日(火)

◆『賭ケグルイ Season2』(火曜深夜1時28分)

人気漫画を実写化したドラマ「賭ケグルイ」(2018年)の続編。

一見おしとやかな美少女だが、いかなるリスクもいとわない“ギャンブル狂”の転校生・蛇喰夢子を浜辺美波が演じる。彼女を危険な存在と判断した生徒会が送り込む刺客と、夢子の壮絶な駆け引きを描く。

・中川大志や池田エライザなど若手人気俳優が集結

桃喰綺羅莉 役:池田エライザ

高杉真宙演じる鈴井涼太、森川葵演じる早乙女芽亜里などお馴染みの面々に加え、中川大志演じる生徒会会計・豆生田楓。

夢子と新たに戦うのは、生徒会役員でありながら学園内でアイドル活動をしている夢見弖ユメミ。演じるのは乃木坂46の松村沙友理で、国民的人気を誇る現役アイドルがドラマ内で浜辺と“アイドル対決”に挑む。

season1では顔も声も隠されていた生徒会長・桃喰綺羅莉が満を持して登場。絶対的権威とカリスマ性で学園を支配する綺羅莉を、原作さながらの迫力で池田エライザが熱演する。

4月4日(木)

◆『向かいのバズる家族』(木曜夜11時59分、日本テレビ)

SNS内に別人格を持つことから、SNSに翻弄(ほんろう)される姿を描く家族の物語。

主人公のカフェ店長・篝あかり(内田理央)の「表の顔」は人当たりがいい明るい女の子だが、SNS上では誰にも言えない「裏の顔」を持っている。あかりや家族がそれぞれSNS上で“バズって”いくことで、平穏な家族に異変が起こっていく。

脚本を手がけるのはマギー。ドラマ「100万円の女たち」や映画「デイアンドナイト」で知られる藤井道人らが監督を務める。

1 2 3