ドラマは老人ホーム『やすらぎの郷』での物語と、そこで暮らす作家・菊村(石坂浩二・77)が書くシナリオ内の物語という二層構造。主題歌も、各々をイメージした2曲という異例な形になった。

出典本人不在でも立見が出るほど大人気 なぜ中島みゆきの歌は日本人に刺さるのか | 文春オンライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

医療系ドラマ3作品も登場!第二週スタートの注目「春ドラマ」

2019年4月第2週にスタートする春ドラマ5作品のまとめ。『やすらぎの刻〜道』、『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』、『白衣の戦士!』、『ストロベリーナイト・サーガ』、『インハンド』。

このまとめを見る