1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼まだまだツライ…花粉(´;ω;`)

花粉のおかげで洗濯物が外に干せず… 早くセーターなどの冬物を、洗って乾かしてしまいたいんだけど。

今日も朝からコインランドリーの乾燥機を使ってる 早く洗濯物外に干したい (重症のスギヒノキ花粉症がいるからまだ無理)

□洗濯物にも花粉は付く…みんなの「対策」がめちゃ参考になる!

・洗濯物を洗うときのコツ…柔軟剤は必須!

柔軟剤は衣類をやわらかく仕上げたり、いい香りにするという目的で普段から使ってる人も多いと思いますが実は花粉対策にも効果アリ

でもレノアの花粉ガードとかいう柔軟剤で気持ちマシになった気がして、ポケGO散歩が捗ります…\(^o^)/

柔軟剤ですが、本来は洗濯物をふんわりやわらかい手触りに整えてくれるアイテム。余計な香りはつけず、まっさらでふわふわな衣類に整えたい人は、無香料の柔軟剤を使いたい

無香料の柔軟剤買った\( 'ω')/ 今まで柔軟剤の香りで気持ち悪くなること多くて少な目に使ったりしてたけど、これで心置きなく柔軟剤が使える!

無香料の柔軟剤と聞いて買ってみた(今まで柔軟剤使ったこと無かった pic.twitter.com/Irf5GjNP1Q

人工的な匂いが苦手だから柔軟剤を買った事がなかったんだけど無香料ダウニー見つけて使い始めたら柔軟剤って静電気がかなり和らぐのね。今までかなりの帯電女で毎冬パチパチ⚡️怖かったからこれは嬉しい。 #香害 #ダウニー pic.twitter.com/t4WitMMfY5

▼干す時は、花粉の多い時間帯を避ける!

環境省のデータによると、花粉がもっとも飛散する時間帯は昼前後の11〜14時、夕方の17〜19時だそう。花粉は乾いた状態の洗濯物よりも濡れた状態の洗濯物に多く付着する傾向があります。

なかなか乾かない洗濯物を外に干した! 朝早い時間に干すといいんだって! 花粉が飛散していないからなんだそう。 お昼ごろになると、花粉がすごく飛ぶ。 目には見えないが。

▼花粉対策ができるカバーを使う!

昨日洗濯物の一部を取り込み忘れた事に気付かず、今日の雨。 「やってしまった〜」と思ったものの、最近購入した花粉対策カバー。 雨よけみたいだけど、さほど期待してなかったのに、全く洗濯物が濡れていなくて、逆にビックリ 助かったわ pic.twitter.com/8iduWaUTZe

布団干すときの花粉よけカバーを買った 洗濯ものにも使える。 密閉すればダニパンチになるらしい。

5年前、息子が生まれる時に『洗濯物が干せなかったら…息子が着るものが無くなってしまったら…』という過剰な不安に見舞われ買った、雨の日でも外に干せるカバーを見つけたから今年からまた使う事に! 結局買った当初は1年しか使わなかった(笑) 両サイドがメッシュだし、コンパクトに畳めます✨ pic.twitter.com/repMelV87G

もうずっと浴室乾燥で洗濯物を乾かしてるんだけど、ガス代が気になっちゃって でも下着を見えるところに外干ししたくないなぁ、とネットで色々調べたらこんなカバーが 検討しよう pic.twitter.com/VaxDaXuywu

1 2