1. まとめトップ

ユリゲラーがEU離脱を止めるだと…報道ステーションの報道姿勢に疑問の声が…

イギリスのEU離脱は大きな話題になっていますが、なんとこの離脱を阻止しようとする人間が現れました。それがユリゲラーで、それを報道ステーションで放送したところ物議を醸しています。特に江川紹子氏の怒りは絶大で、オウム事件を忘れたのかと書き込んでいます。

更新日: 2019年03月27日

1 お気に入り 1218 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ユリゲラー氏が超能力でEU離脱を止めるという…

議会で「離脱協定案」が否決されると、来月12日にも“合意なき離脱”かと言われているイギリス。

示唆的投票では、EUとの関税同盟締結や2度目の国民投票、ブレグジット(イギリスのEU離脱)中止を含むさまざまな案が採決にかけられる予定で、審議と投票は来週までかかる見通し。

離脱協定はこれまでに2度、下院で否決されているが、メイ首相は今週中に3度目の「意味ある投票」を行うとしており、ブレグジットの行方はなお混沌としている。

「メイ首相にテレパシーを送る」とのこと。その方法については「毎日、朝と夜の11時11分にテレパシーを送るので、みんなも協力して一緒に送ってほしい」と明かした。

ユリゲラーとは?報道ステーションなどで報道

その男は突然、テレビに現れ、ブラウン管の向こうから日本中に大きな驚愕を与えた。

1974年3月7日、『木曜スペシャル』(日本テレビ系)にユリ・ゲラーが出演したのだ。

このイスラエル出身の若者は、手にした金属製のスプーンを超能力で曲げ、手で握った植物の種を発芽させてみせた。

3月25日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)を見ていたら、ニュースの中に、突如、かつてスプーン曲げなどの芸で「超能力者」としてもてはやされたユリ・ゲラー氏の映像が出てきた。

スプーン曲げで知られるユリ・ゲラー氏(72)が英国のEU離脱を阻止するため、日々超能力を駆使しているとの内容を放送した。

江川紹子氏が激怒

ジャーナリストの江川紹子氏(60)が25日、ツイッターを更新し、テレビ朝日系「報道ステーション」に苦言を呈した。

同番組ではスプーン曲げで知られるユリ・ゲラー氏(72)が英国のEU離脱を阻止するため、日々超能力を駆使しているとの内容を放送した。

これについて江川氏は「英国のEU離脱問題で、ユリ・ゲラーを持ち出す報道ステーションは、報道番組と名乗るのはやめるべし」と大激怒。

「テレ朝は、ワイドショーでオウムに好き放題喋らせる最悪の事態を招き、看板の朝生でもオウムを招いてその宣伝番組を行い、若い人を入信させる手伝いをしてしまったことを反省してないらしい」とオウム事件を引き合いに出して、同局の責任を厳しく追及した。

様々な声が

下らない報道の罪は重い!! ユリゲラー放映 報ステに苦言 2019年3月27日 news.yahoo.co.jp/pickup/6318499

江川紹子のようなバカは、他人不幸商売で粘着のバカだとずっと思っているが(自分でこいつが何の理論を立てたんだよ)この記事にはあきれた。二度とこういうクズはマスコミとりあげるな。 ユリゲラー放映 報ステに苦言 | 2019/3/27(水) - Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6318499 @YahooNewsTopics

番組編成に『穿ち』や『風刺』を組み込んでいるのであればニュースバラエティーとしては由としよう。しかし報道番組の本来的意義の位置付けからは離反したやり方だ。 ユリゲラー放映 報ステに苦言 2019年3月27日 news.yahoo.co.jp/pickup/6318499

1 2