1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼ダンス動画で一世風靡した「登美丘高校ダンス部」

「バブリーダンス」で人気に火が付き、今ではテレビや映画などに引っ張りだこの大阪府立登美丘高校ダンス部。

30年ほどの前のバブル期を彷彿とさせるダンスパフォーマンスでした。この時は、バブル世代にヒットした荻野目洋子さんの「ダンシングヒーロー」が再び脚光を浴びました。

現在でも精力的に活動しており

2019年2月2日に開催された大阪府警察主催のイベントでは、西城秀樹さんのヒット曲『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』に合わせて踊る、新パフォーマンスが披露されました!

▼そんなバブリーダンスの仕掛け人と言えば

3歳のころからダンススクールに通い、保育園時代からお遊戯の振付を創作するようになる。中学時代にダンス部を創設、大阪府立登美丘高等学校時代にダンス同好会を正式な部活動に昇格させ、2年時には部長を務める。

2015年から2016年にかけて登美丘高校ダンス部を第8回、第9回日本高校ダンス部選手権にて連覇に導く。

部のOGとしてコーチや映像制作を務めるだけでなく、アイドルグループの振り付けや、企業とのコラボ動画の演出も手掛けている。

▼ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が登美丘高校のOBとコラボ

「バブリーダンス」や「HOT LIMIT」ダンスの生みの親である振付師akaneさん率いるアカネキカク with 登美丘高校ダンス部OGメンバーらとコラボレーションしたWeb動画『ソネットダンス』を、3月26日(火)よりYouTubeにて公開。

“平成初期に大流行した懐かしのダンスCM”を、振付師として活躍するakaneさんが平成最後にリバイバル、メンバーが渾身のパフォーマンスを魅せます。

akaneさんは幼少期に武富士ダンスをマネして踊っていたそうで、“当時のインパクトを出しつつ、1990年代風に”することを意識して「ソネットダンス」を生み出したと話しています。

「Sony Network Communications」YouTube公式チャンネルではCM本編の他、ソネットダンスのメイキングと振り付け動画も公開中。

▼今回の元ネタとなったのは「武富士」のCM

レオタード姿の若い男女が躍動感あふれるキレッキレのダンスを踊り、大いに注目を浴びた。

西暦1990年代~2000年頃の主に深夜帯に流れていた。

「Synchronized Love」は、ジョー・リノイエというシンガーソングライターの方が作った曲。

▼今回の動画にネットでは

武富士ダンス懐かしい “バブリーダンス”登美丘高校OGが、あの「武富士ダンス」を踊る! CMソングはもちろん「Synchronized Love」 Web動画『ソネッ... youtu.be/iC3woS8iNaI @YouTubeから

1 2