1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■26日に行われた韓国-コロンビア戦

コロンビアはMFハメスやFWファルカオら日本戦から先発8人を変更し、一方の韓国も22日のボリビア戦から5人を入れ替えて臨んだ。

■韓国が強豪コロンビアに2-1で勝利

17分、スルーパスを受けて抜け出したエースのソン・フンミンが右足で合計に蹴り込んで韓国が先制。

反撃に出たいコロンビアは後半開始からハメス・ロドリゲスを投入すると、49分にⅬ・ディアスがネットを揺らし、試合は振り出しに。

追いつかれた韓国だったが、58分にイ・ジェソンのゴールで勝ち越しに成功し、韓国が2-1で勝利した。

ソンフンミン選手強烈弾でコロンビア撃破❗サッカー韓国代表vs コロンビア代表ハイライトyoutu.be/9HjiHS8hWYY

■ところがいま、両国のエースの行為が波紋を広げている

怒りを露わにしたファルカオ

同43分、接触で倒れたDFホン・チョルにスタッフが駆け寄ると、早く試合を再開させようと医療キットの箱をピッチの外に投げた。

この行為でイエローカード

さらに終了間際にオフサイドで得点が取り消されると、その直後に水のボトルを蹴り上げ、怒りを露わにした。

ソン・フンミンは挑発的なジェスチャーを繰り返す

試合終了後、MFウィルマル・バリオスに向かって「自身の口元に手を近づけ、手をパクパクとさせる」ジェスチャーを繰り返した。

■メディアやファンは批判合戦

ソン・フンミンの挑発行為にコロンビア側は不快感を示しており、同選手のSNSにはサポーターからの怒りのコメントも。

対する韓国側はファルカオの行為を批判するとともに、「コロンビアは勝負はもちろんマナーでも敗れた」などと指摘している。

■実は、両国が揉めるのはこれが初めてではない

2017年11月に水原ワールドカップ競技場で行われ、ソン・フンミンのマルチゴールにより韓国が2-1で勝利した親善試合。

62分、両軍が乱闘寸前のもみ合いとなった場面で、コロンビアのMFエドウィン・カルドナが「両手で目を吊り上げる」行為を披露。

1 2